薬事法著作権ライター逮捕

 

人気漫画「ONEPIECE」などのネタバレサイトの経営者とフリーライター、ウェブデザイナーが逮捕・起訴される事件がありました。
フリーライターは「去年の分はやっていない」と一部容疑を否認しているようですがライターのモラルの低さが仇をなしてしまいましたね。

 

今日はこの事件をきっかけにライターの立ち位置についてまとめていきたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

漫画ネタバレ事件

薬事法著作権ライター逮捕

 

マンガ雑誌の発売前に人気マンガの内容の一部をインターネットのサイトに載せたとして、沖縄県などの男女のグループと秋田県の男が著作権法違反の疑いで逮捕されました。警察によりますと、このうち、秋田県の男は、サイトを閲覧したことによる広告収入で少なくとも3億500万円を得ていたということです。

 

逮捕されたのは、沖縄県北谷町の自営業、上原暢容疑者(30)と鳥取市のフリーライター、長屋静華容疑者(23)ら男女合わせて3人です。また、秋田市中通のウェブデザイナー、堀田井良史被告(31)も6日までに逮捕・起訴されました。

 

警察によりますと、このうち上原容疑者ら3人は、ことし7月までのおよそ1年間にわたり、集英社が刊行するマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気マンガ「ONEPIECE」などの画像データをスキャナーで読み取ったうえで、
発売前にインターネットのサイトに載せたとして著作権法違反の疑いが持たれています。

 

3人は正規の発売日の前に販売を行う「早売り店」と呼ばれる店で雑誌を購入したということです。また、サイトを閲覧したことによる広告収入により、およそ7500万円を得ていたということです。

 

調べに対し上原容疑者ら2人は容疑を認め、長屋容疑者は「去年の分についてはやっていない」と供述し、容疑を一部否認しているということです。

 

また、堀田井被告は、インターネットの同じようなサイトから画像をコピーして自分のサイトに載せ、
逮捕されるまでの3年近くで、閲覧による広告収入を少なくとも3億500万円得ていたということです。

 

警察の調べに対し、堀田井被告は「生活費を稼ぐためにやった」と起訴された内容を認めているということです。
警察が詳しいいきさつを調べています。

 

捕まったのは7月から更新のとまっていたワンピースまとめやジャンプネタバレだと予測されています。

 

漫画のネタバレ予測やあらすじを文章や画像で載せているサイトは数多くありますが、そのほとんどは出版社の許可をもらっているわけではありません。
ではなぜここのサイトだけ逮捕されたのかというと「販売日の3日前にサイトで漫画画像を公開していたから」でしょう。

 

普通のネタバレ予測サイトや画像を掲載しているおすすめサイトは、基本的に漫画発売後にその漫画をプッシュしているので、違法ではありますが出版社も取り締まろうという気持ちはあまり起きません。

 

しかし、漫画発売日の3日前にネットで情報が手に入ると思えば漫画を買わない人も多くなり結果的に損をするので訴えに至ったのだと思われます。

 

さやかさやか

webライターって薬事法違反だけに気を付けていればいいと思っていたけど、違うことでも逮捕されちゃうんだね!

はるかはるか

サイトの運営者だけが逮捕されるのかと思いきや、ライターも逮捕されちゃうんだ・・・!

窓香窓香

当たり前~!著作権侵害は意外と重いよ!記事をかくならちゃんと勉強しておかないとだめだよ!

 

>>徹底解説!インターネットの著作権侵害について

 

フリーターライターの道のり

 

ランサーズなどのクラウドソーシングでは「漫画のネタバレ、あらすじを記事にしてください」という依頼は山ほどあります。

スポンサードリンク

 

以前私が仕事をいただいていたのはある電子書籍の会社だったのですが、これは出版社に許可をもらって漫画のあらすじやみどころなどを画像付きで記事にするお仕事でした。

 

しかし、下請けのフリーライターさんに仕事をお願いすると「違法なことはやっていないんで」と言われたことがあるんです。

 

もちろん違法じゃないです。
許可をもらっています。

 

でも、違法だと決めつけて嫌な態度をとる人とお付き合いは避けたかったので、そのフリーライターさんとは疎遠になりました。

 

ただ、いまふりかえるとその強さもフリーライターに必要なのかなと思うんです。

 

私は薬事法などを勉強して、web上の文章が薬事法違反にならないかどうか見極めて記事の作成をしています。

 

しかし、中には薬事法が分からないために化粧品関連の仕事を断らないといけなかったり、薬事法は分からないけど「とりあえず自分は多分逮捕されないだろう」というあいまいな考えで内心ビクビクしながら仕事をしている人もいると思うんです。

 

大切なのは何が違法で、どこまでが大丈夫か知ることなんだなと思いました。

 

3億円の行方

薬事法著作権ライター逮捕

 

なぜ今回の事件は3億円も儲かることができたと思いますか?
じつはこれはネットビジネスのアフィリエイトという手法です。

 

>>ライターが副業をするならアフィリエイトがベスト

 

ネタバレなどのサイトがアフィリエイト広告で儲かるのは事実です。
人気な漫画であればあるほど閲覧する人が増えるので、広告をクリックする率も高くなり広告のクリック報酬や購入報酬がもらえるという仕組みになっています。

 

ただ、一緒に逮捕されたライターさんはただのフリーライターなのでこんなに報酬はもらっていないはずです。

 

クラウドソーシングでは、500文字150円くらいで漫画ネタバレライターの募集がされています。
漫画の内容を文章にするだけなのでライティングスキルが要求されずに、漫画も無料で提供してもらえることが多いので漫画好きにはちょっとしたお小遣い稼ぎなのです。

 

アフィリエイトは水物なので、今回の例でいえばワンピースの連載が終了すれば作ったサイトに閲覧者はこずに儲けも無くなりますね。
実際にサイトをつくったばかりの時は収入もないし、サイトを人気にさせるために管理人はいろいろとやっているのでしょう。

 

なので、ライターには賃金がまわってこないのだと思います。

 

ただ、違法であればあるほどライター賃金が低い傾向にあるように感じるので、低すぎたり高すぎたりする場合や「これって法律的に大丈夫なの?」と思った場合は失礼ではない言い方できちんと確認しないと、今回の様に安い報酬で逮捕されるという悪夢につながってしまうので気を付けてくださいね。

 

窓香窓香

報酬が高ければ逮捕されてもいいということではないのであしからず

 

ライターが逮捕されないためには

 

ライターが逮捕されないためにはルールを知ることが大切です。
ライターは資格がいらず自称でなれますが、自分の身を守るのは自分で、稼げるかどうかも自分次第です。
薬事法著作権のことなど、分からないままにせずに勉強することが胸を張って仕事ができるコツですよ。