ライターや広告担当者は≪景品表示法≫という言葉を聞いたことがあると思います!
≪景品表示法≫は『誤解を与えるような表現から利用者を守る』ための法律です。

 

「知らずに使っていた」としても罪に問われてしまう可能性は十分あるので、紙、webを問わずプロのライターはもちろんのこと、アフィリエイターやブロガーもきちんと理解して対応することが大切ですよ!

今日は、薬事法にもかかわりの深い≪景品表示法≫を簡単に分かりやすくまとめていきます。

 

スポンサードリンク



 

景品表示法は『不当』で『過大』な表現の禁止

景品表示法

 

景品表示法は、正式には≪不当景品類及び不当表示防止法≫といいます。
不当景品類及び不当表示防止法は以下のように定められています。

 

第四条  事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号のいずれかに該当する表示をしてはならない。

一  商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示であっ、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの

二  商品又は役務の価格その他の取引条件について、実際のもの又は当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他
の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示であって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの

三  前二号に掲げるもののほか、商品又は役務の取引に関する事項について一般消費者に誤認されるおそれがある表示であって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認めて内閣総理大臣が指定するもの

 

これを簡単に要約すると、広告では大きく分けて『不当』で『過大』なことを禁止していることが記載されているということになります。

 

不当な≪表示≫の禁止

 

不当な≪表示≫の禁止とは、うそや大げさ、そして誤解されるような表現がNGということです。
この次の章で詳しくご説明していきます。

≪過大な≫景品の禁止

 

≪過大な≫景品の禁止とは、例えば「○○を購入したら○○がおまけでもらえる」というような表現の禁止をする法です。
おまけがすべて禁止なのではなく、本体の何割までがおまけとしてOKかや、購入(使用)目的などで大きく変わってきます。

 

基本的には、本体価格の2~3%や売り上げ総額見込みの2~3%以内がおまけとして認められています。
こちらも下の章で詳しくご説明していきます。

 

景品表示法の不当な≪表示≫の禁止とは?

スポンサードリンク



 

うそや大げさ、そして誤解されるような表現とはどういったものでしょうか。
例を見てご紹介していきます。

 

まず、実際に起きた事件を例に挙げると昭和35年の<ニセ牛缶事件>というものがあります。
購入した“牛肉の缶詰”の中にハエが入っていたとして、1人の主婦が保健所に缶詰を持ち込みました。
保健所で持ち込まれた缶詰を検査すると“牛肉の缶詰”を検査すると、缶詰の中身は牛肉ではなく馬肉や鯨肉だったという事件です。

 

さやかさやか

景品表示法をちゃんと定めないとこんな宣伝の仕方もアリになっちゃうんだ

はるかはるか

でも、ことが大きすぎてこの例じゃちょっと分からないよ

窓香窓香

それじゃあライターが分かるように分かりやすい例にしていくわね

不当な表示(1)優良誤認表示

 

“優良誤認表示”というのは商品の「品質・企画・その他の内容について、誤解を招いたり虚偽の表記をすること」を禁止していることをいいます。

▼本当は違うのに「最安値」などとかく
景品表示法

 

他にも以下のようなものが禁止されています。

  • 産地や原産国をごまかす
  • 果汁100%ではないのに偽る
  • 合格実績が違うのに99パーセントの合格率などと偽る
  • 認定がないのに「認定」と表示する
  • 実際は治らないのに「ニキビが治る」と記載する

 

意識してうそをついていても、悪意なく事実違うことを言ってしまっても事実と異なれば優良誤認表示です。
絶対の根拠がないものは、いくら人を集めたいからと言っても記載するのはやめましょう。

 

不当な表示(2)有利誤認表示

 

“有利誤認表示”とは、「価格や取引条件に関して誤解を招招いたり虚偽の表記をすること」を禁止していることを言います。

スポンサードリンク

▼お得なのは今だけ!とあおっておいて、本当はずっとその値段だというのはNG
景品表示法

 

他にも以下のようなものが禁止されています。

 

  • 閉店セールといって閉店しないでずっとセールが続いている
  • 「お徳用品」と表示されているのに、普通売りと同じ価格
  • 偽のメーカー希望小売価格表示
  • 架空の製品とくらべたときの安値表示
  • 一部の商品だけ割引があるだけなのに「全品割引」と表示

 

不当な表示(3)その他

 

優良誤認表示と有利誤認表示には当てはまらないけど、ユーザーに紛らわしい誤解を与えるものは禁止されています。

▼不動産の取引で、実在しない物件を客寄せのために表示する
景品表示法

 

  • 融資費用の実質年率がきちんと記載されていない
  • 有料老人ホームに関する不当な表示(スタッフの数や管理費など)

 

不当な表示(4)過大な景品類

 

▼おまけが商品の価格を超えることは景品表示法にひっかかかる
景品表示5

 

過大な景品類に関してはライターにはあまり関係がありませんが、知っておくことで不当な会社をアフィリエイトしないようにすることができますね。

 

●一般懸賞(抽選券、くじ引き、じゃんけん、クイズ、ビンゴなどの競技や遊戯優劣により提供する懸賞)

 懸賞による取引価格 最高金額  総額
 5,000円未満  取引価格の20倍  懸賞に係る売り上げ予定総額の2%
 5,000円以上  10万円

●共同懸賞(市町村を挙げての納涼祭などの景品)

最高額 総額
30万円まで 懸賞に係る売り上げ予定総額の3%

●総付景品(来場者何名様までや先着順何名様までといった景品)

取引価格 最高額
1,000円未満 200円
1,000円以上

 

※以下4つの業種には景品類に告示制限があるので注意してくださいね。
1.新聞業
2.雑誌業
3.不動産業
4.医療用医薬品業、医療機器業及び衛生検査所業

 

≪景品表示法≫の注意

 

ここまで読むと、≪景品表示法≫は悪意でもってでしか破れないような気がしますが、実はそんなことはありません。

 

例えば、「キャンペーン中」となっていて消費者がその商品を申し込むとします。
しかし、本部に問い合わせたら【在庫がない】と言われほかの商品をすすめられました。

 

これでも十分≪景品表示法≫に引っかかってしまうのです。

 

≪景品表示法≫のチェックリスト

 

窓香窓香

景品表示法に規制されないためのチェックリストを作ったので、不安な方は記事の後に見直してみてくださいね

はるかはるか

とくに、ライター初心者は見直すことをおすすめします

 

    • 原産地、成分、実績などは事実を保証する証拠があるのか
    • ]「キャンペーン中」「大特価」は本当に今だけなのか
    • 過去に書いた「キャンペーン中」の情報を、キャンペーンが終了してから訂正しているか
    • 商品の在庫はきちんとあるか
    • 商品やサービスのBefore/Afterを謳う際には明確な根拠や事実が保証できるか

 

窓香窓香

だけど、薬事法では体験談を謳うことは禁止されているので注意してくださいね。詳しくはこちら→【2017年最新】ライター必見!薬機法(旧:薬事法)とは?】

 

    • 実績NO.1などを謳うときは事実確認をしているのか

 

窓香窓香

薬事法では「最大級」の表現が注意されているので注意してください。詳しくはこちら→【2017年最新】ライター必見!薬機法(旧:薬事法)とは? 】

 

≪景品表示法≫についてのまとめ

 

薬事法はいろいろな法が折り重なってできます。
1度に理解しようとすると難しいですが、1つ1つの法律はそこまで難しいものではありません。
順々に理解していくことで素敵で堅実なライティングができるようになりますよ。