アフィリエイトをしようと思えば、まず記事を作成しなければなりません。
サイトのテーマを選んだら、サイト構成は後回しにして早速記事を作りましょう。

 

見やすいサイト構成というのもとても大切ですが、まずは30記事を目安に記事を書いてみてください。

 

そのとき、SEO対策を意識して記事を書くようにするのがアフィリエイト報酬につながる手っ取り早い方法です。

 

ユーザーが何かを検索したときに、自分のサイトが検索の上位に来るように対策することをSEO対策と言います。

 

SEO対策は、はっきりと「こうすればいい」というのは分かっていません。
「ユーザーにとって良いサイトが良い」と言われているので、その時々によって違いがあるんです。

 

色々な教材を読み比べて、実際に私がやって効果があるのではないかと思うことをまとめていきますね。

スポンサードリンク



 

SEO対策は何が重要なのか

 

SEO対策とは、「ユーザーが調べたときに、検索上位に来る」という方法です。
何千サイトもある中の100番目のサイトなんて見ますか?

 

せめて、見るとしても最初のページいっぱいではないでしょうか。
その、できるだけ前のページに自分のサイトを持っていくのがSEO対策といいます。

 

手っ取り早い言い方をすると「情報ユーザーの求めている物で、見やすいサイトか」ということがサイトの上位を上げる要素になります。

 

名前だけ聞いてしまうと難しいと思いますが、実際には何も難しくありません。
それでは早速ご紹介していきます!

 

自分でやったSEO対策(1)タイトル

 

  • タイトルには必ずキーワードを入れる
  • タイトルは32文字以内

 

「タイトルには必ずキーワードを入れる」というのは、マストです。
キーワードを入れないとそのキーワードで上位検索されないのはもちろん、ユーザーもクリックしてくれません。

 

そして「タイトルは32文字以内」というのは、ユーザーが携帯で検索をした時に、ネット上に表示される文字が32文字までだから、だと言われています。

 

最近はとても長いタイトルを付けることもありますが、ここは何とも言えません。
内容が良ければ、タイトルが長くても上位表示されているサイトもたくさんあります。

 

様子を見て変えていくのが良いと思います。

 

私的には32文字以内の方がすっきりして目に入りやすくていいかなと思っています。

 

自分でやったSEO対策(2)キーワード

 

キーワードは文章が不自然でないくらいは意識した方がいいです。

 

キーワードが「イラスト 書き方」なら「イラスト 描き方」や「イラスト 書きかた」と書くよりもキーワード通りに「イラスト 書き方」と書いた方がSEO対策になります。

 

キーワードは本文に入れるのももちろんですが、なるべく中見出しに入れるといいですよ。

 

「イラストの書き方(1)まずは書きたいものを想像する」みたいな感じでしょうか。

 

中見出し、小見出しについては30文字以内が見やすくて良いとされています。

 

自分でやったSEO対策(3)文字数


スポンサードリンク



 

文字数に関しては、1500文字以上ということを意識しています。
「文字数なんて関係ない!コンテンツの中身が大切!」という方もいます。
その通りだと思います。

 

もちろんダラダラと意味のないことを書いたり、キーワードから大きく外れたことを書いても意味がありません。

 

ただ、コンテンツの中身を重要視するなら、狙っていなくても1,500文字くらい勝手にいってしまうのです。

 

それには、文章をゆっくり丁寧に描くことが大きなポイントになります。

 

例えば

 

・「イラストを上手に書くには練習あるのみです!何度も書く練習をしましょう」

 

・「イラストを上手に書くには何度も練習することがとても大切です!フェイスアップだけ、横顔だけ、同じ角度や向きだけなどでもいいです。まずは自分がコツをつかめるまで、何度も同じものを書いて練習してみましょう」

 

と丁寧に、より詳しく描写してあげてください。
もう1つ例を出してみますね。

 

「今日は外に出かけたけど、つまらなくてすぐに帰りました。」という文章ではなく、「今日はなんとなく出かけたい気分で街を歩いたけど、1人で散歩しているのもつまらなくてすぐに家に帰りました」の方がその情景が目に浮かびませんか?

 

親切で分かりやすい文章をこころがけてみましょう!

 

文章の読みやすさのチェックも忘れずに!

 

ポイント

そして、出来上がったら「ぼ~」と自分のプレビュー画面を見てみてください!
問題なければ投稿して、携帯でもチェックします。

 

PCでは見やすいけど、携帯だとみにくいというのはよくあるので、段落や行数に気を付けましょう。

 

もっとも見やすいレイアウトは、以下だと思います。

  • 「。」や「!」で改行
  • 2~3行ごとで1~2行段落を付ける。

 

人によっては「。」で段落して、すべての文章を1行開けする人もいますし、2~3行ごとで5~6行段落を開ける人もいます。

 

そこはその人とサイトのレイアウト次第だと思うので、「ぼ~」っとサイト全体を見てみたときに、客観的に見やすいと思えるか、それとも見にくいかで調整してみてくださいね。

 

自分でやったSEO対策(4)誤字脱字チェック

 

1. WordPressに下書きする前にまずはwordに下書きして誤字脱字チェック
2. WordPressに下書きしてプレビューで誤字脱字チェック
3. PCと携帯で誤字脱字チェック

 

と3段階でしてもいいほどです。
誤字脱字があると、それだけでユーザーの信用を失ってしまうので入念に行いましょう。

 

スポンサードリンク

誤字脱字チェックにはwordがおすすめです。
すべての誤字脱字をチェックしてくれるわけではありませんが、上の画像の様に間違いがあるときは赤い下線で知らせてくれます。

 

自分でやったSEO対策(5)画像の挿入


スポンサードリンク



 

SEO対策=人に読まれる良質なサイトです。
人に読まれるためには文字だけのサイトよりも適度に画像があるものが良いとされています。

 

タイトルや各見出しの下にイラストや画像があるだけでも、人が最後まで読んでくれる率がかなり変わるという結果が出ているそうです。

 

SEO対策の1つに、「ユーザーがサイトに滞在してくれる時間」というものがあります。
最後まで文章を読んでくれたり、ほかの項目も呼んでくれているということは良質なサイトな可能性が高いのでSEO的にも有利です。

 

しかし、ユーザーがサイトを開いてすぐに閉じてしまうようなコンテンツだと、悪質なサイトだと判断されるのでSEO的にとても不利になるのです。

 

自分でやったSEO対策(6)基本的なこと

 

あとは基本的なことなのでSEO対策とはいえないですが、サイトを作るうえでこのようなことに気を付けてください。

 

・Hタグの順番
・文章の強調
・文章の作り方

 

Hタグの順番

 

Hタグは見出しや中見出しのことを言います。
H1は大見出し、サイトのタイトルです。
タイトルでしか使わないでください。

 

H2は中見出し、H3は小見出しと数字が大きくなれば、反対に見出しは小さくなっていきます。

 

これは、基本的に数字の大きなものをいきなり使ってはいけないと言われています。

 

H2タグを使っていないのに、いきなりH3タグを使ってはいけないのです。

 

小見出しは中見出しのあと、H4タグはH3タグのあと、と覚えておいてください。

 

文章の強調

 

文章にはメリハリが必要です。
強調したいところは強調しなければいけません。
ずーっと同じ文章では読むほうも疲れてしまうので、大切なところは色を変えたりマーカーを引いたり、太字にしてあげてください。

 

ただ、協調や太字があまりにもスパム扱いされてしまいます。
大切なところだけ強調するようにしてくださいね。

 

【WordPress】文字の下にマーカーで下線を色付けする方法

 

文章の作り方

 

文章なのですが、最近はクラウドソーシングに頼んでもきちんとした文章を書いてくれる人はなかなかいません。

 

最低でも、「語尾は前後の分となるべく被らせない」「言葉は統一する」「なるべく正しい日本語を使う」「漢字と平仮名を工夫する」この4点は意識すれば、圧倒的に文章が読みやすくなります。

 

語尾は前後の分となるべく被らせない

 

ライターで良くいるのが、語尾に注目していない人です。

 

「こんにちは○○です。私はアフィリエイターです。記事作成に必要なのはSEO対策です。SEO対策は、ユーザーが検索したときにどうやって上位に自分のサイトをもってこれるかの対策なんです。」

 

「です。」使い過ぎだと思いませんか?

 

全く読みやすくないです。

 

なので、このように語尾を変えましょう。
「こんにちは○○です。私はアフィリエイターなのですが、記事作成に必要なのはSEO対策だと思っています。SEO対策は、ユーザーが検索したときにどうやって上位に自分のサイトをもってこれるかの対策なんです。」

 

語尾はいろいろとあります。
「です」「ます」「でしょう」「~せん」「~よ」「○○!」「~か?」「~ね」。
それぞれのバランスを見て文章を作ってみてくださいね。

 

「言葉は統一する」

 

「です、ます調」にするのか、「タメ語」にするのか、記事内で統一した方がいいです。

 

「です、ます調」が基本で、「これは良い!」などたまに文章が止まってしまうのは問題ないと思いますが、敬語、尊敬語、タメ語と入り乱れるのは読んでいる人にとってストレスです。

 

個人的な意見ですが、できれば記事の中では「おられますか?」とか「いらっしゃいますか?」のような丁寧語や尊敬語は使わない方がいいです。
どうしても言い方が回りくどくなってしまい、呼んでる方も緊張してしまう気がします。

 

なるべく正しい日本語を使う

 

「違和感を感じた⇒違和感を覚えた」のような日本語の正しさも大切ですが、もっと基本的な「すいません⇒すみません」「こんにちわ⇒こんにちは」などに気を付けましょう。

 

個人ブログには話し言葉のまま書いてしまう人が結構多いです。
でも、アフィリエイトはもう“個人”ではありません。

 

ユーザーあってのものなので、ユーザーが嫌な気分になるようなことはやめておいた方が良いのです。

 

漢字と平仮名を工夫する

 

感じが使えるところは感じがいいのですが、漢字ばかりだと堅苦しく感じる文章になってしまいます。

 

たとえば、「何」。
「何でしょう?」と書くよりも「なんでしょう?」と書く方が柔らかいです。

 

「最も」も「もっとも」の方が難しくないです。

 

文章のひと固まりを見て、漢字やひらがなどちらかに偏っていないかを確認してみてください。

 

アフィリエイトのSEO対策

 

画像(イラスト)、改行、適度な「、」太文字や文字に色付け、誤字脱字、文章校正などいろいろなことを「ユーザーの気持ちになって」考えるのが1番なんですよ。

 

SEO対策は文章の作り方だけではありません。
色々なことをしないといけませんが、文章がその中でももっとも大切なことだと言えます。

 

いくらほかのSEO対策を頑張っても文章が良くなければ評価されません。

 

しかし、その他のSEO対策に無知でも、文章さえしっかりしていれば十分に評価される可能性があります。

 

自分だけの文章だと思わずに、みんなに見てもらえる文章を目指しましょう。