薬機法(以下:薬事法)では、確証のない表現や効能をうたうことが認められていません。
とくに医薬品と間違えるような表現は厳しく取り締まられています。

 

その中でも、表現や効能が認められているのが【明らかな食品】です。

 

明らかな食品とはなにか?
どこまで表現してもいいのか?

 

今日はそんな【明らかな食品】についての疑問をまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク



 

薬事法の明らかな食品って何?

 

薬事法の明らかな食品とは、“医薬品と間違えない、誰が見ても明らに食品だと思う”食品のことを指します。

 

通常人が社会通念上容易に通常の食生活における食品と認識するものとは、例えば次のような物が考えられる。
① 野菜、果物、卵、食肉、海藻、魚介等の生鮮食料品及びその乾燥品(ただし、乾燥品のうち医薬品として使用される物を除く)
② 加工食品
 (例)豆腐、納豆、味噌、ヨーグルト、牛乳、チーズ、バター、パン、うどん、そば、緑茶、紅茶、ジャスミン茶、インスタントコーヒー、ハム、かまぼこ、コンニャク、清酒、
ビール、まんじゅう、ケーキ、等
③ ①、②の調理品(惣菜、漬物、缶詰、冷凍食品 等)
④調味料
 (例) 醤油、ソース 等

 

例えば、明らかな食品であればブログやサイトで「トマトに含まれているリコピンは美白効果,ダイエット効果があるんです!」と効能を表現しても良いということです。

 

トマトジュースでもOKです。

 

しかし、トマトの味がするタブレットは明らかな食品には含まれません。
薬と間違えるような形状は明らかな食品ではないからです。

 

明らかな食品ではないガイドラインはこのようになっています。

 

(1)有効成分が添加されている場合
(2)一般性がない場合
(3)主目的が食にない場合

 

(1) 有効成分が添加されている場合

 

「有効成分」が添加されている場合の「有効成分」とは医薬品的な成分が入っていないものという意味にとれます。

 

例えばのどの痛みを抑える成分が入ったガムなどは、医薬的な成分が入っているとみなされるので明らかな食品には含まれません。

 

緑茶など、昔から日本人にしたしまれているものは、「消臭効果」などの効能が認められてはいますが、これは医薬的な成分ではないので明らかな食品に含まれるということです。

 

(2) 一般性がない場合

 

一般性というのは“誰がどう見ても明らかな食品出ない場合”という意味です。
たとえばルイボスティー。
「ルイボスティーってなに?」と疑問に思う人がいる限りは明らかな食品にはなりません。

 

そして例えば以下の文章。

 

「アメリカで有名な○○という食品。日本ではまだ流行していませんが、お肌がプルプルになると大評判なんです!他にも、血液をサラサラにしたり頭を良くする効果もあるんですよ!」

 

日本人に馴染みがないので、違う国で有名でも日本では明らかな食品には含まれません。
なので、効能効果を謳うのはNGということです。

 

(3)主目的が食にない場合

 

主目的が食にない場合というのは、例えば「口臭を消すなら○○クッキー」という商品があったとします。

 

これは、クッキーに含まれる成分で、クッキーを食べながら消臭効果がうたえるものだとします。

 

でも、この場合、この商品の主体はどちらにあると思いますか?

 

スポンサードリンク

クッキーならば明らかな食品ですが、口臭を消すのが目的ならば明らかな食品ではなくなってしまいます。

 

なので、「口臭を消すなら○○クッキー」という商品が本当にあるのなら、このキャッチコピーのままだと明らかな食品ではなくなる可能性の方が大きいです。

 

「○○クッキー!○○成分が入っているので口臭も消せるよ」こんなキャッチコピーなら明らかな食品になる可能性の方が高くなってきますね。

 

明らかな食品でも言ってはいけないことがある

 

明らかな食品と認められいても、何でもかんでも言ってOKというわけではもちろんありません。

 

明らかな食品でも健康増進法に触れるようなことは表現NGなんです。

 

窓香窓香

テキスト健康増進法について詳しくはこちら

 

簡単にまとめると明らかな食品であっても「病気が治るような表現」はNGということです。

 

さやかさやか

明らかな食品でも【“減塩みそ”で高血圧予防】とか、【糖尿病を改善しよう!】とかは言ってはいけないということです!

窓香窓香

【これさえあれば!】などのオーバートークも禁止ですよ!

はるかはるか

健康増進法を違反すると50万円以下の罰金です!

 

明らかな食品は時代とともに変化する

 

お気づきかもしれませんが、“明らかな食品”とは時代とともに変化してくるものです。
いまは違うけど、10年後には明らかな食品になっているものもきっとあると思います。

 

どうしても「これって明らかな食品?」と知りたいときは福祉局などに相談してみるとよさそうです!

 

はるかはるか

ちょっとわかりにくいからさ~いくつか例題出してよ~

窓香窓香

OK、いいよ!

 

明らかな食品例題1.

 

玉ねぎにはアンチエイジング効果のあるアントシアニンが含まれています。
アントシアニンはアンチエイジングだけではなく便秘解消にも良いとされています。
そんな、アントシアニンを玉ねぎの30倍使用しているのがこの「玉ねぎ酵素ドリンク」!
玉ねぎ30個分の美容が1杯で手に入ります!

 

窓香窓香

結局これは、玉ねぎではなく「酵素ドリンク」の宣伝ですね。酵素ドリンクは明らかな食品ではないので薬事法違反になります。

 

明らかな食品例題2.

 

緑茶には“消臭”効果があるということが分かっています。
ランチやディナーの後など、口臭が気になるときに飲むのがオススメです!

 

窓香窓香

緑茶は明らかな食品なのでOKです!

 

明らかな食品例題3.

 

このタンポポ茶はママにも赤ちゃんの体にも優しい作用!
ノンカフェインなのでカフェインを気にすることなく摂取することができます!
このタンポポ茶を飲んでから母乳の出が良くなったという声もたくさんあがっているんですよ!

 

窓香窓香

ルイボスティーがダメなので、タンポポ茶も明らかな食品ではないと思われます。

 

余談ですが、“このタンポポ茶を飲んでから母乳の出が良くなったという声もたくさんあがっているんですよ!”に関しては、「タンポポ茶を飲めば母乳の出が良くなります!」というオーバー表現ではないのでOKです

 

薬事法の明らかな食品まとめ

 

薬事法が適用されない「明らかな食品」についてまとめました。
ASPアフィリエイトをしている人に関しては、ほとんどの健康食品などの商品は“明らかな食品ではない”のではないかと思います。

 

ただ、Googleアドセンス向けのブログで、食品の効果効能をうたっている方もいると思うので、ぜひ参考にしてくださいね。