一口に【在宅でできる仕事】と言っても在宅ワークにはたくさんの種類があります。
種類もそうですが、ちょっとしたお小遣い稼ぎ、十分な副業、本格的な仕事とそのあり方も様々です。

 

ここでは、どんなクラウドソーシングや在宅ワークがあるのかをご紹介していきたいと思います。
合わせて初期費用にかかる金銭などもまとめていきますね。

 

窓香窓香

自分の得意を見つけてお仕事をするのが”苦にならないで稼げる”秘訣ですよ

スポンサードリンク



 

1.ライター

 

ライターは、本を読んだり雑誌を読んだり、写真を眺めているのが好きという人におススメです。
1文字0.3円~3円ほどが一般的。

 

レベルアップしていけば1文字5円も夢ではありません。
ライターの種類は色々!

  • ハウツー。
  • ノウハウ
  • ファッション
  • グルメ
  • 口コミ
  • アフィリエイト
  • 取材

などがあります。

 

自分の経験を記事にしたい場合はハウツーやノウハウ、おしゃれが好きな人はファッション、単価が高めなのを狙いたい人はアフィリエイト、商品ももらえてちょっとしたレビューを書きたいという人は口コミ系を狙うといいでしょう。

 

取材系だと、単価が高い分レコーダーを用意したりビデオやカメラを用意しなければなりません。
レポーターのように取材場所に赴かなくてはいけないので【在宅】とは少し離れてしまいますね。

 

ライターは、無資格でなれます。
webでライティングをするなら、今日からwebライターとなのってもいいのです。

 

見本があれば文が書けそうな人にはライターがおすすめ。
必要なものはとりあえずPCくらいです。

 

窓香窓香

ライターで仕事をもらうにつれて、もっと高みを目指したくなればライティング本などもほしくなると思うが、まずは記事数をこなすことが大切です。手軽に買える教材としてはここのあたりがオススメですが、まずはなにも読まずに書き進めて、レベルアップのために読むというのが理想です!

 

 

イラストレーター

 

スポンサードリンク

絵心があるのならイラストレーターという手もあります。
初心者がイラストを描くならココナラでの出店がぴか一。
デジタルやアナログ関係なく出店することができます。

 

ただし、アナログだとそこまで需要がないので、「結婚式の返信はがきにお祝いのイラストを描きます」「年賀状にイラスト書きます」など戦略を練る必要があります。
デジタルだとそこそこ上手なら需要はありますが、タッチペン代、ソフト代などに初期費用がかかります。
物にもよりますが、5万円~30万円ほどは見ておいた方がよいでしょう。
イラストレーターも資格はいりません。

 

プロではない人がイラストを書くのなら

スポンサードリンク



がおススメ。

 

パソコンの設定

 

HPをつくれたり、ちょっとしたワードプレスのカスタマイズなんかができるようならそれを副業にするのもよいと思いますよ。
素人で何も分からないという人はいると思いますし、アフィリエイト目的の人は記事に集中したいのでサイトの外観は専門の人に任せている人も多いです。

 

占いなど

 

ココナラでは占いの需要が高いですが、占いはある程度【占いの勉強・心理学・ハッタリ】が必要です。
報酬も高いのでやりたい人は多いかもしれませんが、悪い結果を告げるとトラブルにもなりかねないため、知識がない場合はあまりおすすめしません。

 

ポスティングなど

 

在宅とは趣向が変わってしまいますが、ポスティングやティッシュ配りのアルバイトなどもあります。
これらは派遣会社などに登録するのが一番手っ取り早いです。
時給換算で1,000~1,300円ほどもらえるはずです。

 

アフィリエイト

 

アフィリエイトは成果が出るのが半年から1年後くらいといったビジネスです。
何百、何千万円と月収で稼いでいる人もいるようですが、何千万円言っている人はセミナーやシステムの開発など様々なことに手を出しているのでもはや在宅ではないのです。

 

しかも、5,000円儲かるアフィリエイターは上位5%だと言われています。
ライターをはじめてアフィリエイタの知識を蓄えつつ記事のスキルを磨いた後に手を出すのが良いと思います。

 

ココナラのハンドメイドがオープン

 

ココならではハンドメイドの商品を売るという場がオープンしました。
手先が器用な方なら十分ご活躍できるのではないでしょうか。

 

在宅ワークの探し方終わりに

 

どんなことがしてみたい、自分はこんなことができる、などがあればそれに適した場所があるはずです。
『やりたいと思っていたけどきっかけがなかった』と思ったことを副業にすると楽しいですよ。