化粧品に関しての基本的な薬事法は分かりましたか?
ここは、応用編です。
薬事法を守りながら、魅力的な記事がかけるようにもう少し薬事法に踏み込んでみましょう。

スポンサードリンク



さやか
化粧品の薬事法はわかったけど、
それならどこの記事も同じこと
書いてあるだけで魅力的じゃないよ!
まどか
そうなのよね。それじゃあコスメ管理者の資格を持っているはるかに教えてもらおうかしら。
はるか
ふふふ。薬事法を守りながら魅力的な記事を書くには、ダメなことといいことをはっきりとしっておくのがポイントなんだよ。
詳しく教えていくね。

薬事法 化粧品

しわ│薬機法(旧:薬事法)化粧品

化粧品の薬事法ではシワに関していえることが少ないです。
「小じわを目立たなくさせる」「しわを解消する、予防する」「ほうれい線」という表現から、しわを想像させる「溝が気になる」「カラスの足跡をどうにかしたい」などの表現まで言ってはいけないのが常でした。

しかし、薬事法が薬機法に変わったときに『乾燥による小じわを目立たなくさせる』は言ってもOKというお達しが来たのです。

これによりシワに関する表現がやっとできるようになりました。
しかしシワに関してはいまだにデリケートなので、遜色せずに『しわの対策に※乾燥による小じわを目立たなくさせる』といった表現が無難です。

美白系│薬機法(旧:薬事法)化粧品

化粧品では、「美白」「ホワイトニング」という言葉を使ってはいけないわけではありません。
注意がきで※日焼けによるしみ・そばかすを防ぎます

と書けば表現をしても大丈夫です。

▼例

●夏の美白対策に!※日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。

 

さやかさやか

加齢によるシミや、肌の色を白くしたいという使い方はダメということだね。

また、メイクアップ用品での美白は肌の変化ではないので自由に発言して大丈夫です。
「おすすめ美白ファンデーション」、「美白メイクのやり方」などもOKになります。

▼美白のOKな表現

「お肌のシミを見えにくくする」→メイクでという解釈にとれるため
・「日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ」
・「美白」と書いて※1と注記する→※の近くに※日焼けによるシミ・そばかすを抑えるとかく
・「ホワイトニング」と書いて※1と注記する→※日焼けによるシミ・そばかすを抑えるとかく

▼美白のNGな表現

・「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」→薬用化粧品で言える効能です
・「肌が白くなった」
・「しみ・そばかすサヨウナラ」→できてしまったシミ・そばかすを無くす表現はNG
・「年齢によるシミにアプローチして美白」→日焼け以外のしみ・色素沈着に変わる表現はNG
・「ニキビ跡の色素沈着を防ぐ」→色素沈着はうたえません
・「わきの下・乳首・ビキニラインのくすみの美白に」※くすみは「汚れを落とす」という意味ならばOK
・妊娠線を無くす、薄くするもNG

敏感肌系│薬機法(旧:薬事法)化粧品

「お肌の弱い方」、「刺激がない」などの記事はNGです。
これは、【ライター・アフィリエイター必見!【薬機法(旧:薬事法)】とは?】に記載されているとおり、 薬事法すべての共通NGである安全性の保証につながってしまいます。

許されているのは「敏感肌の方」だけです。
「低刺激/刺激が少ない」は、タイトルに使用したり、強調表現したりしなければOKとされています。

ここは覚えておきましょう。
ライティングに差をつけることができます。

強調表現とは以下の3つ

ヘッドコピー・キャッチフレーズ
他の文字よりも大きい、色が濃い・色が異なる
その表現を繰り返す

 

肌系│薬機法(旧:薬事法)化粧品

浸透する範囲

『化粧水が奥まで浸透して保水・保湿します』は美容のアフィリエイトなどの場面では必ず使う言葉ですね。
しかし、薬事法で許されているのは、角質層までの浸透です。

『奥まで浸透』と書く場合には『奥まで※浸透(※角質層)』とかくのが正しいです。
注意書きをしたくないときは、『角質層まで浸透』と書きましょう。

トラブル

「肌のトラブルになりがちな香料は使用していない」など「トラブル」という言葉を使うのはNGです。
絶対に100%トラブルが起きないとはいえないので、謙虚な気持ちで宣伝しましょう。
同様に、「安心です」「安全です」もダメですよ。

スポンサードリンク

「糊料を使用していません」という言い方ならOKです。

アンチエイジング

アンチエイジングとは、若返りですね。
若返りは、化粧品の効能を大きく超えているので英語でも日本語でもNGです。

ただし、ケアならOKです。
「エイジングケア」なら記事内で使用できる表現です。
「アンチエイジングしましょう」ではなく「エイジングケアしましょう」と言えばよいのです。

疲労回復

肌の疲れを癒して改善に導くようなことはNGです。
「疲れた肌に」とは言えません。

肌に関しては以下の4点の効能が認められています。

19. 肌を整える。
20. 肌のキメを整える。
31. 肌にツヤを与える。
32. 肌を滑らかにする。

『疲れた肌をぴちぴちでフレッシュにさせたい表現ないかな』と考えた時に、疲労回復にあたらないで言える言葉は何かな、と考えると

・「1日が出た顔をリセットするために」→疲労をうたっているわけではない
・「お肌が目覚めたように滑らかに」→違反はない

というように記事が書けるわけです。

まどか
このように、許された範囲で最大限魅力的な物を書いていけばいいのね。
はるか
それでは、いくつかテストしましょう!
まずは答えていってね。

化粧品の薬事法テスト

例題1.美白クリームで夏のシミ対策!
例題2.激やせローションメリハリボディ
例題3.この化粧水をつけて寝ただけで翌朝にはプルプルとした潤いが実感できました!
こんなお肌いまだかつてありません!ぜひ試してみてください!
例題4.この商品を使い始めてから、娘といると姉妹だと間違えられるようになりました!

答えられましたか?それでは答え合わせです!

例題1.美白クリームで夏のシミ対策!

美白※「日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ」
シミ※「日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ」と記載しなければなりません。
注記がやかましいので、「美白※クリームで夏のシミ※対策!」とし、文章の終わりほどに※「日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ」が良いでしょう。

例題2.激やせローションメリハリボディ

痩せる効能は、化粧品の効果を逸脱して見せるのでNGです。

例題3.この化粧水をつけて寝ただけで翌朝にはプルプルとした潤いが実感できました!
こんなお肌いまだかつてありません!ぜひ試してみてください!

これは、潤いを言っているだけなのでセーフだと思いきや、薬事法すべてに共通する「体験談NG」にひっかかります。
文中に“翌朝”といってしまっているため、体験談で許されている“使用感”ではなくなってしまっているのです。
使用感とは、体感したその時の状態を指します。
また、いままで出会いませんでしたというのは、ほかの商品を落としている表現になるために不可です。

例題4.この商品を使い始めてから、娘といると姉妹だと間違えられるようになりました!

具体的に何の効能があるのか表現していないので問題ありません。

薬機法(旧:薬事法)化粧品のライティング術まとめ

化粧品のNGは、薬事法全体のNG以外に下記のように覚えておきましょう。

・体の変化はNG
・シミ・そばかす・しわの表現は厳しい
・浸透するのは角質層まで
・しわが消える、ほうれい線がなくなる、痩せる、若返るなどユーザーが飛びつくことが予測される直接的な言葉はほとんどNG。

はるかはるか

化粧品の効能表と見比べて、最適表現を探していきましょう!