「Webライターになるにはどうすればいいのか」という問い合わせをいただくことが多いのですが、webライターは資格なしでもなることができます

 

しかし、資格を持っていればお仕事をもらう際に有利になることもあるんです。
今日はwebライターの資格についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



Webライターになるには



クラウドソーシング「ランサーズ」

Webライターになるには何にも要りません。
Webライターだと名乗ればすぐにでもなれてしまいます。

 

しかし、

クラウドソーシング「ランサーズ」
などに登録してお仕事をもらおうとするのなら、何か資格があったほうが仕事をもらう上で非常に有利になってきます。

 

では、どんな資格を取るのが良いのかをまとめていきますね。

 

さやかさやか

やっぱりさ~元弁護士とか元医者とか自分の経験をかける人じゃないとダメなんじゃないの?

窓香窓香

そんなことないよ!
お医者さんが書いた病気の記事なら、確かに多くの人に信頼を上げることができると思う。
でも、「医者の記事=良い記事か」となると話は別だよ

はるかはるか

え~なんで!?お医者さんの記事安心できていいじゃん!

窓香窓香

専門用語のたくさん入っている記事なんて読める?
がん、やけどを「キャンサー」「バーン」なんて言われたら意味不明じゃない?

さやかさやか

た・・・たしかに

窓香窓香

だから、医者が書いているのにユーザーが付かないと悩んでいるサイトはたくさんあるのよ。
ライティングに必要なのは文章を分かりやすくする“国語力”みたいなものだと思うの。

はるかはるか

じゃあ、どんな資格がいいか教えてちょうだいな!

 

1. Webライティング能力検定(旧:webライター検定)

 

Webライティング能力検定は、6つの項目を学びテストをします。

 

(1)国語
(2)ウェブライティング
(3)コピーライティング、メールライティング
(4)SEOライティング
(5)倫理や法律、炎上対策
(6)ミニ論文(200~300文字)

 

3~1級があり、3級は一般的なライティングレベル、2級は仕事を受注するうえで十分なレベル、1級は高度なライティングレベルとなっています。

 

間違えやすい日本語などの基本的なことから、webライティングをする上では欠かせないSEOライティングも学べるので、ライターだけではなくアフィリエイトを目指す人も有利です。

 

試験は都道府県にあり、3人以上が集まれば開催されるといった感じになっています。

13,500円(税込)
 

Webライティング能力検定

 

2.薬事法管理者

 

化粧品や美容、ダイエットなど人体に関わるライティングをするときに知識としてもっておきたいのが薬事法(薬機法)の資格。

 

「この商品は美白効果があります!」「脂肪燃焼効果があります!」このような宣伝文句は薬事法違反となるので、クライアントの中には薬事法に詳しいライターを探している人もたくさんいるんです。

 

薬事法管理者とコスメ管理者の2つの試験がありますが、薬事法全体について知りたい人は薬事法管理者、美白・美容・コスメ系の薬事法が知りたい人はコスメ管理者の資格をおススメします。

 

自宅でPCから試験が受けられるので、子育てなどで外に出られない在宅ワーカーには嬉しいですね。

 

薬事法管理者89,800円(税込)
コスメ管理者50,000円(税込)

 

薬事法管理者

 

スポンサードリンク

3.Webリテラシー試験

 

Webリテラシー試験はライターには直接関係ないです。
ただ、ライターを統括するディレクターとかプロデューサーにステップアップしたい人向けになっています。

 

ライターのみを目指す人が急いでとる必要はありませんが、知識としてあれば仕事をもらいやすいと思います。
自分のレベルが知りたくなったら受けてみるのもよいかもしれません。

 

10,800円(税込み)

 

Webリテラシー試験

 

4.ビジネス著作権検定

 

簿記

 

ビジネス著作権検定は、著作権についての理解を深められる検定試験です。
こちらも初心者ライターではなく、ディレクターやキュレーションサイト、アフィリエイトを目指す人々におススメ。

 

試験は年に3回です。
勉強はオンラインですが、試験は会場に出向く必要があるようです。
試験によって違いがあるので、興味のある人は確認してみてくださいね。

 

初級5,000円(税込)
上級7,800円(税込)

 

スマホで学べる通勤講座

 

webライターになるなら試験よりも見聞

 

窓香窓香

webライターになりたかったら、資格よりも見聞を広めたほうが良いと思うよ。
こんな言葉の使い方があるんだ、語尾はこういう風に使うのね、とか文章を読んでなんとなく理解していくのが理想ね。

はるかはるか

私国語自信がないんだけど・・・

窓香窓香

それならまずは、例えば「美白になるためには」という記事が書きたいとするよね。
そうしたらネットで「美白になるためには」って検索して、1番上に表示されているサイトの文章をコピーしてwordに張り付けるの。

はるかはるか

ふむふむそれで?

窓香窓香

自分なりの言葉でその文字を上書きしていくのよ。
これを「リライト」っていうんだけど、何度もやってるとコツがつかめてくると思うわよ。

さやかさやか

でも、姉本読んでたじゃん!何の本読んでたの?

窓香窓香

あ~この2つね

 

沈黙のwebライティング

 


 

▲本自体はとても厚いけどストーリー形式になっているので読みやすいです。
クライアントが固定してきたらステップアップのために読み始めてみるのがオススメ!

 


コピーライティングの力2

 

▲コピーライティングの力2は、他人の文章をリライトしてさらに良くしちゃうっていう究極の業。
これは初心者でもためになりますよ!
“2”だけど“1”と続いているわけではないので安心してくださいね。
いきなり”2”から読み始めてOKです!

 

1万円出す価値はあります。
1万円で読んだノウハウが月収20万円をもたらしてくれるような勢いです。

 

窓香窓香

でも、いきなり書物からはじめちゃうと読んだことに満足して終わりにしちゃう人が多いから、まずはクライアントに出会って仕事をこなすことが大切。
それで、ダメだしされたり「自分のやり方は合っているのかな」って考えたときにこの2つを読むととってもためになると思う!

さやかさやか

実践あるのみですな!

 

Webライターの資格

 

よく、「Webライターでお小遣い程度のお給料しかもらえません」という人がいるけれどもwebライターってとっても需要あります。
クラウドソーシングは面接などがないことが多いので、顔が見えないからこそビジネスマナーはちゃんと守り、自分で勉強していけば必ず成果につながるはずですよ。
小さなことからコツコツとはじめてみてくださいね。