WordPressでアフィリエイトしている人は「違うテーマで違うサイト作りたいな」と思うことも多いはず。
私もサイトを何個か持っているので、同じ賢威のテーマでも色々なバージョンを使用しています。

 

でも、また1からプラグインを設定したりCSSをカスタマイズしていくのはとっても面倒ですよね。

 

そんなとき、「Duplicator」を使えば、あっという間に全く同じさサイトが出来上がるんです!
新しいサイトでは記事を削除するだけで、古いサイトと全く同じ設定のまま使用することができるんですよ!

 

それでは早速「Duplicator」を使ってサイトを簡単にサイトをコピーする方法をご紹介していきます!

スポンサードリンク



2017/6/15追記
Duplicatorに更新があったみたいで画像が変わっていました!そのため差し替えてあります!

 

1. まずはプラグイン「Duplicator」をインストール

 

まず初めにやることは、コピー元のオリジナルサイトに「Duplicator」をインストールすることです。
WordPress管理画面左のダッシュボードの項目から「ダッシュボード」⇒「プラグイン」⇒「新規追加」の順番でクリック。

 

「プラグインの検索」に「Duplicator」と入れてクリック。
「Duplicator」が表示されたら「今すぐインストール」をし、インストールが終わったら「Duplicator」を有効化にします。

 

2.「Duplicator」

 

インストールが終わると管理画面のダッシュボードに「Duplicator」というメニューが追加されます。

 

(1)「Duplicator」
(2)「Package」をクリックしてください。
(3)画面右上の「Create New」をクリック。

 

 

(4)ダウンロードされた時に分かりやすいようにパッケージの「Name」に何か分かりやすい名前をいれましょう。特に変える必要がないなら変更しなくても大丈夫です。

 

 

(5)右下の「Next」ボタンをクリックします。
そうすると、ファイルをパッケージできるかどうかスキャンがはじまります。

 

(6)「Scan Complete」でスキャン完了の合図です。

 

問題がない⇒「Good」
エラー⇒「Warn」と表示されます。

 

問題なければ「▶Built」ボタンをクリック。
「Warn」と出た場合は、「Yes. Continue with the build process!」の前にチェックを付ければ「▶Built」を押せるようになります。

 

※大容量の画像などがある場合は移行できないことが多いようです。
それで問題がないのならチェックを入れて「▶Built」に進んでください。

 

(5)しばらく待って「Package Complete」と出たら、「Installer」「Archive」をそれぞれクリックして「インストーラー『installer.php』と「パッケージのZIPアーカイブ」をダウンロードしてください。

 

3.データ2つをコピーしたいWordPressへアップロード

 

先程「インストーラー」と「アーカイブ」をダウンロードしましたね。
これを、コピーしたい先であるWordPressのディレクトリ内にある「wp-admin」と同じ階層へアップロードします。

 

窓香窓香

初心者はここで(ディレクトリ??アップロード?)ですよね。ちゃんと分かりやすく次で説明していきます。

 

アップロード|エックスサーバーのやり方

 

今からご紹介するのはエックスサーバーのアップロードの仕方です。
サーバーがエックスサーバーでない方はこの機会にぜエックスサーバーを作ってみてください。

 

(1)エックスサーバーに入ったら「ファイルマネージャー」を選びます。
(2)そして、自分が移行したいコピー先のサイトのURLをクリックします。

 

 

▲私は「hawai-holidayhome.com」に元のサイトを移行したいので「hawai-holidayhome.com」をクリックします。

 

(3)「public_html」をクリックします。

 

 

(4)wp-adminというファイルが見つかったら、そこがお目当ての場所です。
「wp-admin」は押さずに、そのページにとどまってください。

 

そして、右の「ファイルを選択」から先ほどインストールした「インストーラー」と「アーカイブ」をアップロードします。

 

宇宙人宇宙人

一度にアップロードするとエラーになることがあるので、ひとつずつアップロードしてくださいね。

 

 

スポンサードリンク
このとき、私がよくやって失敗するのが、何度もダウンロードしてしまって「installer」ではなく「installer(2)」などと書いてあるインストーラをアップロードしてしまうことです。
そうすると必ず失敗するので、ファイル名は「installer」になっているか確認してください。

 

もう1つのzipファイルは、解凍せずにzipファイルのままアップロードしてくださいね。

 

左側の一覧ににアップロードした「installer.php」と「zipファイル」があれば成功です。
あとでここに戻ってくるので、タブはこのままにしてください。

 

 

4.「installer.php」にアクセス

 

次に「installer.php」にアクセスします。
アクセスするにはまず、以下のアドレスの「コピー先のドメイン」をコピーしたい先のURLに変えてブラウザに入力してください。

 

http://コピー先のドメイン/installer.php

 

私の場合は「hawai-holidayhome.com」にコピーをしたいのでブラウザ(chormでもインターネットエクスプローラーでもなんでもOK)に「http://hawai-holidayhome.com/installer.php」と打ちます。

 

(1)そうすると下の画像が出てくるので、一番下にチェックを入れてNEXTをクリックして下さい。

 

ワードプレス

 

(2)画面が変わったら、コピー先のデータベース情報を入力していきます。

 

移行先のデータはWordPressの「wp-config.php」の中にあります。
先ほどと同じように、エックスサーバー⇒移行する先のURL⇒public_html⇒「wp-config.php」を選べば情報が書いてあるファイルが開けるはずです。

 

パソコンによっては開けないものもあるので、このサクラエディタ(テキストエディタ)をインストールして、インストール後サクラエディタを開き、ファイル⇒開く⇒wp-configがさきほどダウンロードされた場所からwp-configを選ぶとしてみてください。

 

「wp-config.php」は↓の画像のようになっています。
画像内の黄色い線をコピペして、該当箇所に張り付けましょう。
””の間です。

 

 

まず一番上を「Connect and Remove All Data」にしてから上を参考に情報を入れていってください。7

 

ワードプレス

 

すべて入力ができたら「NEXT」です。

 

5.エックスサーバーのファイルマネージャーに戻る

 

ここまで来たら、エックスサーバーのファイルマネージャーに戻ります。
先ほど「installer.php」と「zipファイル」をアップロードした場所です。

 

「wp-config.php」というファイルが一覧にあるとシステムエラーが起こるので「wp-config.php」を削除しましょう。
もう1度戻ってくるのでこのままにしておいてください!

 

通常、チェックを付けて「ファイルを削除」を選べば削除できるのですが、削除できないということもよくあります。
その場合はエックスサーバーが推奨しているファイルソフトを使って削除してください。

 

6.「installer.php」のブラウザに戻る

 

ファイルの削除が終わったら「installer.php」のブラウザに戻ります。
あとほんの少しで作業は終わるので頑張ってくださいね。

 

次はこのような画面が出てくると思います。

 

ワードプレス

 

URL:新しいURL
path:ファイルマネージャーの場所
title:古いサイトのタイトル

 

これで間違いがないようなら「next」へ進んでください。

 

下の画像の様に「Final step」と書かれていたら完了です!

 

ワードプレス

 

最後にサーバーに戻る

 

最後にもう1度エックスサーバーのファイルマネージャーに戻ります。
エックスサーバーのファイルマネージャーでファイルが削除できない人は先ほど「wp-config.php」を削除したファイルに戻ってください。

 

一番最初にファイルマネージャーにアクセスしたときに、「zipアーカイブ」をアップロードしましたね。
この「zipアーカイブ」削除しすべて完了です。

 

終わりに

 

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば10分もしないで新たなサイトが立ち上がるのでとっっっても楽ちんですよ!
ぜひ試してみてください。

 

宇宙人宇宙人

窓香さんは8割がた失敗してますが、慣れれば慣れるほど失敗も多くなるので気を付けてくださいね。

窓香窓香

・・・