窓香窓香

薬事法が気になる人は、その他のあれもこれも気になりますよね。
画像、引用などライターが少しでも不安になることをまとめていきたいと思います。
ライティングの知識として活用してくださいね。

 

インターネットでは他人の写真や文章を引用する「盗難」が大きな問題となっています。
アフィリエイター、ブロガー、ライターなどはとても心配ですよね。

 

特にキュレーションライターは「クライアントの指示でやってるけど、もしかして違法なんじゃないか・・」と不安を胸に抱えている人もたくさんいることと思います。

 

そこで、今回はインターネットの著作権侵害についてご紹介致します。
 

スポンサードリンク



 

そもそも著作権って何?

 

「著作権」という言葉は多くの方がご存知だと思います。
しかし、著作権の意味や内容についてはきちんと知られていないことが多いのです。

 

まず著作物とは、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピューターのプログラムなどの表現する形や表現法によって、自分の思想、感情を創造的に表現した物のことを言います。

 

ちょっと難しいですね。
簡単に説明すると、自分で考えたことや思った気持ちを作品として表現したものが著作物となるのです。

 

著作者とは、著作物を作り出した人のことを言います。
そして著作権は、著作者本人に法律が与えた権利のことを言うのです。

 

著作権とは、著作者が作り出したものは、著作者のものだということです。

 

著作物の種類は何がある?

 

すべてに著作権があるわけではありません。
著作権が認められるもの、認められないものとあるのです。

 

著作権が認められるものは以下です。

 

  • 言語…論文、脚本、小説、詩など
  • 音楽…曲、歌詞など
  • バレエやダンスなどの舞踊、無言劇の著作物
  • 美術…絵画、彫刻、漫画など
  • 建築…芸術的な建物など
  • 図形や地図など
  • 映画…映画、ビデオソフト、ゲームソフト
  • 画像や写真
  • コンピューターやプログラムなど
  • 二次元物…翻訳や編集、映画化したものなど
  • 辞書、新聞、雑誌など

 

著作権侵害となる行為はどんなものなの?

 

著作権が認められるものには多くの種類があり、著作権侵害となる行為は自分でも気づかないほど広範囲です。
インターネット上において著作権侵害となってしまうよくある事例をご紹介していきます!

 

著作権侵害となる行為1.文章の転載

スポンサードリンク



 

コピーペーストが著作権侵害にあたるのは有名ですね。
ネットなどに掲載されている他人の文章をコピーし違うサイトなどに転載する行為は著作権侵害です。
絶対にやめましょう。

 

「なんでコピーなんかするんだ」と不思議に思うかもしれませんね。
アフィリエイターやキュレーションサイトはなどは、外注ライターを雇ってる人もいますね。

 

ライターの中にはいいかげんな仕事をする人もいます。
コピーしたものを納品物として提出してくる人もいるで、記事の文章を自身でコピーチェックをするなどの対処を考えましょう。

 

著作権侵害となる行為2.写真や絵、画像の引用

 

写真や絵などにも著作権が認められているため、他人の画像を勝手に貼り付ける転載行為は著作権侵害となります。
例え素人が描いたイラストや撮った写真であっても著作権が認められます。

 

自身のブログなどにホーム画像やキャプチャとして載せている場合ですが、こちらも著作権違反となるので注意が必要です。

窓香窓香

人のイラストや写真は、出展と記載しても許可がなければ採用してはいけないということです。

はるかはるか

許可があればOKだよ~!

著作権侵害となる行為3.楽曲や歌詞の投稿

 

他人の歌や曲を自身で勝手に演奏した動画を投稿する行為も著作権侵害となります。
「他人の物だからだめなんでしょう。それなら自分でちょっと手を加えればOK!」という誤解をする人は多いですが、立派な著作権違反です。

 

著作権違反のしたらどうなるの!?罰則は!?

 

著作権違反であるとされてしまった場合、著作権を得ている人により著作権侵害として訴えられてしまいます。
話が大きくなると、刑罰や損害賠償請求などの罰則を科せられてしまう可能性もあるのです。
著作権侵害とみなされた場合にはどのような罰を与えられてしまうのかご紹介します。

 

著作権の罰則1.差し止め請求

スポンサードリンク



 

著作権が認められている人から、自身の著作権への侵害があったとして違反者へ差し止めの請求をする場合があります。
例えば、他人の書籍を勝手に使用して独自の本を出した場合は、出版した本をすべて回収しなければなりません。

 

著作権の罰則2.損害賠償請求・不当利益返還請求

 

著作権違反をしてしまうと、損害賠償の請求をされる場合があります。
著作物を勝手に使用して得た利益は権利者へ全額返金し、侵害による損益は金額を計算して出し侵害者へ請求されます。

 

著作権の罰則3.刑事上措置

 

著作権の罰則には2つの種類があります。

 

1.民事上
2.刑事上

 

です。
上記のような事例では民事上の罰則となります。

 

刑事上の罰則では、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金がとなります。
さらに著作権を侵害した人が「個人」ではなく、「法人」の場合は3億円以下の罰金と、とても高くなってしまう場合もあるのです!

著作権の罰則は、「どんなことで著作権を侵害したのか」などの内容で損害の金額や罰則が違ってきます。

 

引用はどこまでがダメでどこからできる?

 

引用をする行為は、著作権を侵害する行為となり著作権法という法律で禁止されています。
しかし、引用にもいくつかの条件を満たすものは引用することが可能となります。
果たして引用がどこまでダメでどこから引用できるとされているのかご説明いたします。

 

引用が認められている4つの要素

 

引用するには4つの要素が必要です。
以下4つすべてのことが当てはまっていないと引用できません。

 

引用の範囲1.公開しているもののみ

 

引用が禁止されているものはまだ公開されていない「非公開のもの」です。
著作物の作者が数人だけにしか公開していない著作物は、公表のされていない非公開となるため引用できません。

反対に、すでに多くの人が見るように公開されている著作物については引用することができるとされています。

 

引用の範囲2.引用が「主」になっていないもののみ

 

初めから他人の著作物を「主」として使おうとする考えで、自分自身の考えや気持ちの表現は適当に混ぜて創作する行為は禁止されています。

 

評価をする目的として必要な分量のみの引用はしても良いとされています。
自分自身の著作物を「主」として、引用する著作物をあくまで「従」とすれば、引用ができるのです。

 

簡単に言うと、体の中の心臓の位置を正確に説明したいとしますよね。
文章で言うには限界があります。

 

左胸と右胸の間?
何センチ・・・?

 

そんなときに、イラストなどを引用するのが許されるというわけです。

 

ただ単に引用したら面白いだろう、閲覧数が増えるだろうという考えは認められません。
引用することに「必然性」がないとされるためです。

 

著作物を批評する際に「どんなものであるか」を説明しなくてはならない場合は、必然性が認められるため引用をすることができます。

 

引用の範囲3.自分の文章と引用は分かりやすいように分ける

 

引用した著作物と自分自身の創作が混合して独自の表現とした作品はダメです。

 

反対に引用をしたものに、わかりやすい表現で確かな区別をつけると引用することができます。
例えば、以下のようなものを使用すると認められやすくなります。

 

1.引用をしている文章に「鍵かっこ」をつける。
2.引用をしている部分に「米印※」などをつけて、文章を置く場所もわかりやすいように配置する。

 

上記のように「引用しているものだ」とすぐにわかるようなマークをつけると使用することが認められます。

 

引用の範囲4.引用元を記載する

 

引用した著作物の明記をしていない場合はダメです。
引用した元のサイト名やURLを、引用している部分にわかるように記載すると引用することができます。

スポンサードリンク

 

  • 公開しているもののみ
  • 引用が「主」になっていないもののみ
  • 自分の文章と引用は分かりやすいように分ける
  • 引用元を記載する

引用をする際はこの4点を忘れてはいけません。

まとめサイト、キュレーションサイトが問題となっている理由は?

 

まとめサイトやキュレーションサイトとは、いくつかの情報を一つにまとめたサイトのことを言います。
まとめサイトやキュレーションサイトは近年問題視されています。

 

まとめサイトやキュレーションサイトが問題とされている理由は、他人の著作物を引用する行為が増えたためです。
情報をまとめるために、数多くのサイトから文章や画像が悪用されてしまっているのです。

 

特に問題となっているサイトは「NEVERまとめ」です。
インターネットを利用している皆さんも見たことがあるかと思います。
NEVERまとめには多くのサイトからの情報や著作物が引用されており、過去に指摘を受けたこともあるようです。

 

しかし、NEVERまとめをライティングしている著者は数えきれないほどいるため、本人を特定することができずに支払いを拒否したというのです。
反対にNEVERまとめに悪用された、文章の著者である本人が引用をされた上に名誉棄損で支払いを求められてしまったという事例がありました。

 

上記の事例から読み取れる問題点は、サイトの運営側は「あくまで情報を書く土台を用意しているだけで運営側は悪用している情報については関係ない」としているところです。

 

まとめサイトやキュレーションサイトでは、誰でも簡単に書くことができるため、悪用した本人については調べることができず指摘されても問われることができないのです。

 

まとめサイトやキュレーションサイトでは、他人の著作物を引用しているにも関わらず摘発できないということが問題視されている理由となります。

 

キュレーションサイト「ウェルク」の問題点

 

最近炎上したキュレーションサイト「ウェルク」は、DeNAという医療系の情報サイトです。
ウェルクの問題はまだ印象にも新しいかと思います。

 

ウェルクが問題となった理由はサイトに掲載されている情報が間違ったものであったり、なおかつ著作権を無視した内容の記事が掲載されていたためです。

 

ウェルクでは、クラウドソーシングなどの副業サイトからライターを募集して、ネット上に既にある記事を修正させてサイトを構築していました。
つまり、著作物を主な目的として自分の文章は適当に創作していたということで著作権侵害となってしまったのです。

 

ウェルクが摘発されたのちに、まとめサイトやキュレーションサイトも問題視されるようになっていきました。
これにより、薬事法や著作権問題に、世間の目がより高まったと言っても過言ではないでしょう。

 

画像引用はどこまでOKか?

スポンサードリンク



引用の中には文章だけではなく画像の転載も含まれており、画像転載も禁止とされています。
ですが、中には画像転載を認められている場合があります。
「転載」と「引用」は似ているようで意味合いが少し違ってくるのでご説明していきますね。

 

引用とは上記でご説明したように、4つのルールを満たしていると著作物が使用でき、引用を認められます。
転載は基本的に認められておらず、上記の引用ルールの一つでも守れていないと「転載」となってしまい著作権侵害にあたいします。

 

そのため、画像の転載はダメですが画像の引用はOKとされているのです。
では「どんなことが引用とみなされるのか」という点ですが、4つのルールを満たすもので以下のようなものです。

 

画像引用がOKな範囲1.フリー素材

 

無料の画像素材を集めて多くの人が見れるように公開しているサイトやアプリがあります。
フリー素材に関しては引用が認められているところも多くあります。

ただし、「商用は禁止」「引用した場合は有料」など書いてあるところもあるので、利用規約をよく読まないといけません。

 

画像引用がOKな範囲2.Twitterの画像

 

意外と知られていませんが、Twitterの画像は引用を許可されています。
Twitterでは画像が引用できる理由は下記のような機能があるためです。

・このツイートをサイトに埋め込む…Twitterが公式規約で認めている機能です。
「著作権のアカウント」や「TwitterのURL」が、引用した時にツイートの中に自動的に埋め込まれるため認められているのです。

 

Twitterのツイートはどうなの?

 

Twitterのツイートには著作権はありません。
Twitterに関しては基本的に著作物とみなされていないため、他人のツイートを使用しても問題ないということです。
しかしあくまで「法律上は」ということであり、引用していることがばれてしまうとTwitter内で悪い評価がつく場合がありますので気を付けて下さい。

 

インスタグラムの著作権は?

 

急激に流行りだしている「インスタグラム」。
インスタグラムと言えば、写真や画像をアップすることに特化したSNSですね。

 

インスタグラムでは著作権は認められています。
インスタグラム内にある画像や写真、動画を勝手に引用することは禁じられています。
インスタグラムの規約では、あなたの画像や写真はインスタグラムが所有権を持つことはなく、自分自身で持ち続けられるとあります。

 

しかし、知っておいていただきたいのが「ユーザーが載せた写真をインスタグラムは自由に使うことができる」ということです。
確かに所有権はユーザー自身にありますが、規約によるとインスタグラムが写真を他の会社などに譲渡することができるとなっています。
そのため、他の企業のサイトなどに使われていてもおかしくないということです。

 

また、インスタグラムに載せた写真や画像が使われてしまうことを恐れるのならば、共有範囲を自分で制限するべき、となっていますので制限をしていないで他のサイトで引用さえてしまった場合自己責任となる可能性が高いです。

しかし、もし、自分の写真が使われていた場合にインスタグラム内で著作権侵害の申し立てができるようです。

さやかさやか

つまり、他人のインスタグラムの写真を自身やキュレーションサイトで使用するのはグレーゾーンということになりますね。

 

YouTubeの著作権は?

 

YouTubeは動画に特化したSNSサービスです。
今や世界各国で利用されており、近年では動画を配信する人が急増しています。

 

YouTubeは自分が撮った動画や写真、編集したものなどをアップロードすることができるサイトです。
スマートフォンやPCなどのインターネットを利用している方なら誰でも見ることができます。

 

そんなYouTubeでも著作権問題は発生しています。
著作権に注意しないとアカウントの停止やグーグルへのアクセス制限、最悪の場合は逮捕されることもあるようです。

 

YouTube動画において著作権に引っかかってしまうものをご紹介致します。

 

YouTubeの著作権1.テレビ番組や映画、オンライン動画

 

テレビで放送されている番組や映画、オンライン動画は著作権の対象となりアップロードすると違法となります。
例えばテレビ番組を録画してアップロードする行為です。
さらに、ニュースであっても番組内で放送しているため著作権違反となり注意が必要です。

 

YouTubeの著作権2.サウンド、レコーディング、楽曲

 

他人のサウンドやレコーディング、および楽曲も著作権で守られており無断でアップロードすることは違法となります。
例えば、歌手のサウンドだけであってもYouTubeでは認められていません。

 

YouTubeの著作権3.講義、記事、書籍

 

講義や記事、書籍も著作権が認められており動画としてアップロードすると著作権侵害となります。
例えば、他人の書いた記事や書籍を動画で見ることができるように編集するのも著作権侵害です。

 

YouTubeの著作権4.視覚的著作物

 

絵画やポスター、広告などの視覚的な作品であっても著作権の対象となります。
音がないとしても、他人の視覚的に見てもらうために作られた著作物を勝手にアップロードすることはダメです。

 

YouTubeの著作権5.ゲームやコンピュータソフトウェア

 

ゲームやコンピューターのソフトウェアであっても、著作権が認められているものを投稿すれば違法アップロードの対象となります。
例えば、ビデオゲームをしている最中の画面を撮影して、多くの人が見ることができるようにアップロードする行為は禁止だということです。

 

YouTubeの著作権6.ミュージカルなどの演劇

 

劇やミュージカルも著作権の対象となります。
演劇などを撮影したものはもちろん、一部始終だけであっても著作権に引っかかる可能性があります。

 

正直なところ、YouTubeの著作権はグレーゾーンが多いのです。
著作権に引っかからないように年々いろいろな方法で試行錯誤されています。

YouTubeで警告をされない方法とは言っても、どれも一時的な方法でありいずれは削除されてしまう可能性が高いです。
そのため、著作権の多少となるのか不安なものをアップロードすることは避けましょう。

 

自分のサイトでYouTubeを公開するのは?

 

自分のサイトでYouTubeを引用することはOKです。
YouTubeも埋め込の対応がなされています。
しかし、前提として上の6つのNGがあるので、違法なもののアップロードはやはりNGです。

 

料理の写真を投稿したら著作権違反?

 

最近では多くのSNSで料理の写真を目にします。
自分で行ったお店の料理や他人が作った料理の写真を許可なく、SNSに掲載する行為は日本ではとくに規制がされていません。

 

しかし、近年ドイツでは料理を芸術作品として、著作権が認められたため許可なく勝手にSNSなどに掲載することは法律に違反するとなりました。
そのため今のところは料理の写真を掲載しても問題ありませんが「日本でも近々著作権侵害となるのではないか」と言われています。

はるかはるか

料理の写真を撮る際はお店によっては嫌がられてしまうため、あらかじめ一言許可を取っておくと安心ですよ。

 

ライターの不安な著作権まとめ

 

今日は著作権侵害についてご紹介致しました。
インターネットの普及により著作権による違反も急増してきました。
違反が急増するとさらに取り締まりも厳しくなり、またそこに対抗しようと試行錯誤する人も増えていきまさに悪循環です。

 

著作権の罰則は思っているよりも厳しく、知らなかったでは許されないのです。
「とても美しい写真だから、自分のブログに使おう」その出来心で使用料として20万円以上請求されてしまったなんてことも実際にあります。

 

ネットは匿名な分、自分のすることに責任をもたなければいけません。

窓香窓香

1つの写真は、写真家が何日もかけて絶景をとったものなのかもしれません。

文章の引用にしても、その「コピペしたい!」と思わせる文は何時間もかけて考え抜かれたものかもしれません。

マナーを守ってライティングしていきましょう。