薬事法薬機法体験談

 

窓香窓香

こんにちは薬事法管理者の宇宙人と窓香です。
今日は質問の多い【薬事法の体験談・ビフォーアフター】について掘り下げていきたいと思います!

 

アフィリエイトやブログ、広告関係の人は薬機法(以下、薬事法)に気をつけなければなりません。
薬事法に違反すると罰せられてしまうのです。
でも、法律関係のはなしはなぜだかものすごく難しく説明されていて、詳しく教えてもらおうにもなかなか割高です。

 

ここでは、薬事法管理者の資格をもっている管理人が分かりやすく解説していきたいと思います!

 

スポンサードリンク



 

薬事法の体験談

 

アフィリエイトや広告において、体験談はとても重要なものです。
でも、体験談には厳しいルールが存在します。

 

薬事法の体験談は以下の様に定められています。

 

【基準3(6)】
3の(6)効能効果等又は安全性を保証する表現の禁止
医薬品等の効能効果等又は安全性について、具体的効能効果等又は安全性を摘示して、それが確実であることを保証をするような表現をしないものとする。

 

〔注〕
<共通>
(5)使用体験談等について( 平成6 年一部改正)
愛用者の感謝状、感謝の言葉等の例示及び「私も使っています。」等使用経験又は体験談的広告は、客観的裏付けとはなりえず、かえって消費者に対し医薬品等の効能効果等又は安全性について誤解を与えるおそれがあるので行わないこと。ただし、医薬品(目薬、外皮用剤等)や化粧品等の広告で使用感を説明する場合や、タレントが単に製品の説明や呈示を行う場合は、本項には抵触しない。この場合には、使用感が過度にならないようにすること。

 

はるかはるか

全然分からない~簡単に言ってよ~!

窓香窓香

OK!じゃあいくつかの例に分けて紹介していくね

 

1. 口コミ風の体験談もNG

 

下のような文章は口コミであっても薬事法違反です。

体験者A
体験者A
この化粧品に出会ったのはニキビに悩み抜いていたころです。
この化粧品を使うと、1か月くらいでウソみたいにニキビが無くなったんです!
体験者B
体験者B
ニキビが無くなり、肌も白くなり、綺麗になったと言われるようになりました!
体験者C
体験者C
私はモデルなので人一倍スキンケアに敏感です。この化粧品を使ってから化粧ノリも良いし、ニキビもできないのでモデル仲間でも有名な化粧水になっています!

 

窓香窓香

化粧品・医薬品・医薬部外品(薬用化粧品)・医療機器では、効能効果に関わる使用体験談は、効能効果が確実であるという誤解を与えるので上記の赤字のような表現は「たとえ事実であっても」「個人の感想であっても」できません。

 

※「個人の感想です」もNG

 

以下の画像様に、「※」で注意書きをしている宣伝をみたことはありませんか?

 

薬事法薬機法体験談

 

2017年7月には、この注意書き(打消し線)の表示が景品表示法違反になると行政が報告書を出しました。

 

つまり、「※」で注意書きをしても、体験談はダメ。
なにをしても体験談はダメ。
ダメなものはダメということです。

 

【2017年最新薬機法】「※個人差があります」などの打消し線に景品表示法違反の可能性

スポンサードリンク



 

化粧品で標榜可能な56の効能効果は体験談にできる?

薬事法薬機法体験談

 

化粧品では、「うるおい」「ツヤ」といった言葉が認められています。
医薬部外品では「消臭効果」などが認められています。

 

認められている効果効能を文中に使用することはOKです。

 

「化粧品」で薬事法を守って言える表現

化粧品の薬機法(旧:薬事法)を3分で分かりやすく解説!

スポンサードリンク

 

「医薬部外品・薬用化粧品」で薬事法を守って言える表現

薬用化粧品・医薬部外品の薬機法(薬事法)|ライター用

 

窓香窓香

はい!ここで注目!

さやかさやか

不吉な予感・・・

窓香窓香

文中で、認められている効能をうたうことはOKですが、体験談として効能をうたうことはNGです!

さやかさやか

・・・・!?(汗)

 

効果効能や安全性は、認められているものなら文の中で使用してもOKですが、体験談として「ハリがでました、潤いがでました」という表現を使うことはNGなんです。

 

安全性とは「敏感肌にも安心、低刺激、日本製だから安心」といったセリフですね。
これらの安全性を体験談で語ると薬事法違反となります!

 

ビフォーアフターの写真は体験談にできる?

薬事法薬機法体験談

 

ビフォーアフターの写真は薬事法違反です!
良くあるのが、ダイエットで55kg→45kgと体重計を載せているもの。

 

本人ではないものを載せるのは立派なウソ。詐欺です。

 

しかし、例えば本当に写真が本人で努力の末に痩せたとしても、「ユーザーが同じように痩せられると勘違いしてしまう」ということでビフォーアフターの写真は薬事法違反に当たります。

 

ビフォーアフターの写真注意点!

 

景品表示法の報告書には、ビフォーアフターの時は以下の様にすればOKだと記載されています。

 

・「※(注意書き)」にて条件を指定する(BMI25の人が食事管理、運動管理も同時に行った結果です)
・※誰でも同じ結果が得られるわけではない旨の記載
・※は誰でもわかる簡単な言葉で記載する
・※は他の文章と同じ程度のポイント数

 

ただこれは、テレビ用のCM「この人がこんなに痩せたんですよ~」というときに用いられるのかなと感じました。

 

薬事法では、ビフォーアフターの写真はNGとあるので、NGと思っておいた方がよさそうです。

スポンサードリンク



 

体験談で言っていいことは使用した瞬間の感想

薬事法薬機法体験談

 

上を全部守ると体験談なんか書けません。
しかし、体験談にも許されたことはあります。
それは、使用した瞬間の感想(効果効能、安全性を除く)。

 

例えば、「す~っと肌になじみました」はOK。
「次の日もモチモチでした」はNGです。

 

「1時間後、次の日、翌日」などは使用した瞬間の感想ではないので薬事法違反となってしまいます。

 

窓香窓香

ただし、医薬品で“就寝前の使用”“翌朝効果”が認められているものは翌朝の効果を体験談にしてもOKです。

 

体験談の薬機法まとめ

 

体験談は複雑なので質問をよくもらいます。
どんな表現が良いのか、ユーザーにもきちんと伝わってなおかつ薬事法を守る方法を考え中なので今後の宇宙人と窓香にご期待ください!

 

宇宙人宇宙人

いい案思い浮かびますように!