この記事は5分で読めます

さやかさやか

薬事法の勉強をしていて思ったんだけど、
【医薬品】ってなんのこと?

はるかはるか

薬じゃないの?

さやかさやか

病院で使う薬の宣伝はしちゃだめって書いてあるんだけど・・・

窓香窓香

そう、よく気が付いたわね。薬は薬だけど、薬事法の医薬品は当てはまる種類があるのよ

はるかはるか

詳しく教えて~!

スポンサードリンク



薬事法における【医薬品】とは?

医薬品の薬事法

窓香窓香

法律では以下のものが「医薬品」として認められているから、薬事法でも同じなの。

第二条  この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
一  日本薬局方に収められている物
二  人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具等(機械器具、歯科材料、医療用品、衛生用品並びにプログラム(電子計算機に対する指令であつて、一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。以下同じ。)及びこれを記録した記録媒体をいう。以下同じ。)でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く。)
三  人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く。)

医薬品の中には、「医療用医薬品」と「一般用医薬品(OTC医薬品)」があって、基本的に宣伝可能なのは「一般用医薬品(OTC医薬品)」です。

「医療用医薬品」が不可とう記載はありませんが、「医療用医薬品」は宣伝しても医師の判断がないと購入できないものだからです。
また、医師の診察が必要ない輸入品でも規制はあるので下で詳しくご説明しいきます。

一般用医薬品(OTC医薬品)について

医薬品の薬事法

一般用医薬品は「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略称です。
対面販売で薬が購入できるシステムということですね。

ドラッグストア、漢方薬局などで購入できるものが一般用医薬品(OTC医薬品)になります。

例えば頭が痛いとします。
病院へ行っても、お医者さんが処方箋を出してくれて、ドラッグストアから購入した薬は「医療用医薬品」になります。

そして、お医者さんを通さずに、自分でドラッグストアなどで購入した薬が一般用医薬品(OTC医薬品)です。

はるかはるか

一般用医薬品は保険証が使えないから全額実費だよ

「一般用医薬品」は第一類、第二類、第三類の3種類に分けられていて、第一類が効果が高くリスクも高い薬、第三類が比較的効果が緩やかでリスクが低い薬となっています。

この3種類で、薬事法で言えることが変わるというものはとくにはありません。
医薬品全体のOKは第一類でも第三類でも発言してOKです。

医薬品の薬事法|輸入品の注意

医薬品の薬事法

先ほど少しご説明しましたが、医師の処方が必要な薬は、輸入品では医師の処方なしに手に入れることもできます。
輸入を代行しているインターネット会社もあるほどです。

しかし、輸入品をウェブサイトなどで不特定多数にお勧めするのは禁止されています。
この“お勧めする”がどの程度かわかりませんが、「作用や副作用書くのはNG」だと言われています。
「お勧めです」と書くのもやめましょう。

スポンサードリンク

医薬品の薬事法|最大級の表現はNG

医薬品の薬事法も、ほかの薬事法と同じように「完治」「全快」「副作用がないので安心」といった最大級の表現は禁止されています。

ただし、医薬品の場合は以下のものは4つの規定を守れば即効性についての表現を許可されています。 ※(医学薬学上十分に証明されたもののみ)と記載がありますが、医薬品として販売している以上許可されたとみてよいでしょう。

  • 鎮痛剤
  • 局部麻酔や歯痛剤
  • 鎮痒剤
  • 浣腸薬
  1. キャッチフレーズなどで強調するのはNG
  2. 「早く」を2回以上繰り返してはいけない
  3. 「薬剤だから早く効く」という風に比較はNG
  4. 薬を飲んで効果が表れるまでの時間を書いてはいけない

医薬品の薬事法|乱用の表現はNG

薬の過剰消費や乱用につなげることは書いてはいけません。
以下の4つはダメなことの代表例です。

  • 連用「3か月毎日服用してください」
  • 毎日「毎日欠かさず服用ください」
  • みんなで「家族みんなで摂取できますね」
  • 健康な人に摂取をすすめる

医薬品の薬事法|しばりはNG

根拠もないのに、「中年の男性に効果的です」など縛りをしてはいけません。
「メタボ専門薬」のような専門性のしばりもNGです。

医薬品の薬事法|効能について

2つ以上効能があるときは、記載する効能を1つに絞らずに2つ以上記載しましょう。
副作用が明確になっている場合は、副作用も記載しなければなりません。

医薬品の薬事法|翌朝効果

薬事法では、体験談に対して“商品を使用したとき”のものしか許可していません。
「翌朝起きたらこうなっていました」は“後日”の体験談なので薬事法違反にあたってしまうのです。
しかし、医薬品の場合は例外があります。
就寝前の服用が承諾されていれば、翌朝効果をうたってもOKです。

医薬品の薬事法|%(パーセンテージ)

医薬品では、パーセンテージの使用が不可です。
「80パーセントの人が、効果があると言いました」「90パーセントが眠くならないと答えました」はNGです。

「効果に驚きの人が多数」ならOKです。

医薬品の薬事法|ビフォーアフター

ほかの薬事法はビフォーアフター不可ですが、医薬品はイラストでのビフォーアフターはOKです。

文章を分かりやすくしたくてイラストを添える場合もあると思いますが、イラストには注意が必要です。
たとえば、殺菌効果、抗炎症作用、遮断作用などがある場合は、細菌やウィルスのイラスを上げることがあると思います。

しかし、アフターですべての菌をイラストから消してはいけません。
最低でもビフォーの2割程度の菌をアフターで残さなければならないのです。

薬事法【医薬品】のみに許された言葉

さやかさやか

サプリメントとかに比べると、医薬品って無敵!って感じするよね

はるかはるか

確かにそうだよね。薬なら他の種類の薬事法で言えなかったことも言えるんじゃないの?

窓香窓香

確かに薬事法の中ではいえ幅が一番大きいから、より魅力的なライティングができるのよ

はるかはるか

早く教えて~

薬事法の中でも医薬品だけに許された表現は以下8つです。

  • 治療
  • 回復
  • 改善
  • 快方
  • 治る
  • 治療
  • 毛生
  • デトックス(解毒)
はるかはるか

「完治」はできないけど、『快方に向かう』や『治る』は言えるのね!

さやかさやか

すご~い!これならユーザーにもしっかり商品の魅力を伝えることができるね!

薬機法(旧薬事法)を守りながら魅力的に記事にしよう!

医薬品の薬事法

薬事法を守りながらだって十分魅力的なライティングをすることは可能です。
むしろ「こんなこと言っていいのかな」「効果が出なかった!とかクレーム来たらどうしよう」と不安になることなくのびのびと文章が書けると思いますよ。