商品の宣伝・紹介をしたりアフィリエイトをする場合、その表現の方法が扱う商品によって
違いがあります。
同じ「石鹸」でも、化粧水・薬用化粧品・雑品でいえる表現がそれぞれちがうのです。

 

売りたいがために表現を間違えてしまうと、ユーザーを混乱させ薬事法違反になる可能性があります。

 

ここでは、化粧品・薬用薬品(医薬部外品)・雑品の表現の違いをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



 

化粧品・薬用薬品(医薬部外品)・雑品の特徴

 

化粧品、薬用化粧品(医薬部外品)、雑品は、それぞれ役割があります。
同じように「石鹸」と呼ばれるものでも、成分や使い道が違うとカテゴリー分けもことなり、商品を作る際の申請の仕方も違うのです。

 

窓香窓香

表現の幅としては、「雑品」⇒「化粧品」⇒「薬用化粧品(医薬部外品)」の順番に広がると覚えておいてくださいね。

 

では、どんなものがそのカテゴリーに当てはまるのかをまずはまとめていきたいと思います。

 

薬機法(旧:薬事法)の化粧品

 

化粧品とは、見た目を美しくすること、体を清潔にすることが目的です。
皮膚に塗ることが許されていますが、効果は穏和なものと成分に制限があります。

 

(例)化粧水などの基礎化粧品、メイクアップ化粧品、香水、ヘアトニック、歯磨き粉、シャンプー、リンス、ボディ石けんなど

 

薬機法(旧:薬事法)の薬用化粧品

 

薬事法では、化粧品と商品そのものが似ている「薬用化粧品」や「医薬部外品」があります。
薬事法のカテゴリーでは「薬用化粧品」と「医薬部外品」は同じカテゴリーですが、それぞれ認められている商品が違うと思ってもらえれば分かりやすいです。

 

シャンプーやリンスなどは薬用化粧品、染毛剤などは医薬部外品と言われます。

 

薬用化粧品・医薬部外品ともに、厚生労働大臣の承認許可を受けているので、許可を受けているということは成分や効果も信頼性が高いということで、承認された効果効能を表現することができます。

 

薬用化粧品と医薬部外品で表現できる言葉はこちらにまとめてあります。

 

薬機法(旧:薬事法)の雑品

 

化粧品にも医薬部外品にも当てはまらないものは、同類の商品の場合雑品(雑貨)となります。
手作り石鹸など、一般人が商品申請をしないで売りに出す場合は雑品扱いです。
雑品は台所用石けんなどです。
ただし、「石鹸」といっても雑品では顔や体に使うことはできません。

 

全身に使えるものは化粧品、皮膚の清浄・殺菌・消毒が目的なボディーソープは薬用化粧品または医薬部外品となるのです。

 

少しわかりにくいと思うので、それぞれ商品に分けて表現の違いを見ていきましょう。

 

薬機法(薬事法)化粧品・薬用化粧品・雑品の表現

ここでは、薬事法が認めている表現を商品別に化粧品・薬用化粧品・雑品で分けてご紹介していきたいと思います。

 

石けん

 

 

皮膚を清浄にする
皮膚をすこやかに保つ など

 

 

(殺菌剤主剤のもの〉
皮膚の清浄・殺菌・消毒
体臭・汚臭及びにきびを防ぐなど

 

〈消炎剤主剤のもの〉
皮膚の清浄、にきび、剃刀まけ及び肌荒れを防ぐなど

 

 

顔、身体用のものは雑品として認められません。
「台所用石けん」「洗濯用石けん」に限ります。
効果効能は表現できません。

 

また、雑品には以下の様に守らないといけない決まりがあります。

 

※界面活性剤の割合を容器や包装に記す
※使用できる名称は「台所用石けん」「台所用複合石けん」「洗濯用石けん」「洗濯用複合石けん」「洗濯用、台所用石けん」のみ

 

商品が上記2つに当てはまっていない場合は家庭用品品質表示法に違反する恐れがあるので、宣伝やアフィリエイトするのは止めておきましょう。

 

入浴用品(入浴剤)

 

皮膚に潤いを与える
皮膚を保護するなど

あせも、肩こり、腰痛、神経痛、疲労回復、冷え症などの効能がうたえる

色・香りを楽しむもの。 という表現のみ。
※皮膚に対する「お肌ツルツル」などの表現はNGです。

 

洗髪用品

 

 

(シャンプー)
頭皮、毛髪を清浄にする
毛髪にはり、こしを与える
ふけ・かゆみを抑えるなど

 

(リンス)
毛髪の水分、油分を補い保つ
頭皮、毛髪に潤いを与える/保つなど

 

 

ふけ・かゆみを防ぐ
毛髪・頭皮の汚臭を防ぐ
毛髪の水分・脂肪を補い保つ
裂毛・切毛・枝毛を防ぐなど

 

 

顔や体に触れるものは雑品として認められていません

 

染毛用のもの

 

 

スポンサードリンク

ヘアマニキュア、カラートリートメントなど

 

※毛髪を物理的に着色するというのが化粧品で許されている範囲です

 

 

白髪染め、ヘアカラー、脱色

 

※一度の染毛で色持ちが長期的に持続するもの
※白髪染め、ヘアカラーという言葉は薬用化粧品のみで許されています。

 

 

顔や体に触れるものは雑品として認められていません

 

除毛用のもの

 

 

認められていません。
ただし、物理的に毛を抜くテープのようなものはOKです。

 

 

除毛という表現のみOK
ただし、物理的に毛を抜くテープのようなものはOKです。

 

 

顔や体に触れるものは雑品として認められていません

 

化粧水

 

 

肌荒れを防ぐ
皮膚の水分、油分を補う/保つ
肌のキメを整えるなど

 

 

あせも・しもやけ・にきび・ひび・あかぎれを防ぐ
日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ
かみそりまけを防ぐなど

 

 

顔や体に触れるものは雑品として認められていません

 

ひげそり用のもの

スポンサードリンク



 

ひげを剃りやすくする
ひげ剃りあとの肌を整えるなど

 

 

皮膚を保護し、ひげを剃りやすくする
かみそりまけを防ぐなど

 

 

顔や体に触れるものは雑品として認められていません

 

歯磨き用

 

 

虫歯を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯磨きのみ)
歯を白くする(使用時にブラッシングを行う歯磨きのみ)
口臭を防ぐ(ブラッシングにて)

 

 

歯を白くする
口中を浄化する
歯周炎の予防
歯石の沈着を防ぐ
むし歯を防ぐ
口臭の防止など

 

 

顔や体に触れるものは雑品として認められていません

 

消臭用

 

 

香りにより頭皮の不快臭を抑える
※商品により根本からニオイを抑えられる表現は不可
香りによる臭いのマスキングのみということです!

 

 

わきが、制汗、皮膚汗臭に効果的という表現がOK

 

 

顔や体に触れるものは雑品として認められていません
人体に用いないものは表現可能です。

 

化粧品・薬用薬品(医薬部外品)・雑品の違いまとめ

 

薬用化粧品・医薬部外品の詳しい表現の仕方はこちらにまとめてあります。

 

同じものでも、その成分や効果効能が認められているかどうかで「雑品」「化粧品」「薬用化粧品(医薬部外品)」の表現の幅が違います。

 

自分が宣伝・広告したい商品はどれに当てはまるのかを考え、適切な表現をしてくださいね。