薬機法(薬事法)の化粧品について基本的なことをまとめていきたいと思います。
化粧品については3つのステップで紹介していきます。
まずはココのページでは、基本的な薬事法から行きましょう!

 

スポンサードリンク



 

薬事法化粧品と薬用化粧品の違い

薬事法化粧品

 

化粧品は、大きく分けて一般化粧品と医薬部外品があります。

 

化粧品と医薬部外品では、宣伝できる内容が変わってきます。
ここでは一般化粧品のご説明をしていきたいと思います。

 

一般化粧品の効能については、下記の範囲内でライティングOKです。
【広告の実際】から表を抜擢しました
 
薬事法

 

薬機法(旧:薬事法)抜粋
薬機法(旧:薬事法)抜粋 第二条第3項 化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。 ただし、これらの使用目的のほかに、第一項(医薬品の定義)第二号又は第三号に規定する用途に使用されることもあわせて目的とされている物及び医薬部外品を除く。

 

まどか
化粧品は、主にシャンプーリンス・石けん・歯磨き剤スキンケア用品・メイクアップ用品などが当てはまります

そして、化粧品で言えることが出来る効能は以下の56個です。
例えば、毛髪の洗浄効果・ニオイを抑える効果の両方をみとめられていれば、下の表の1と2を組み合わせて発言することもできます。

●(表1)

1. 頭皮、毛髪を清浄にする。
2. 香りにより毛髪、頭皮の不快臭を抑える。
3. 頭皮、毛髪を健やかに保つ。
4. 毛髪にはり、こしを与える。
5. 頭皮、毛髪にうるおいを与える。
6. 頭皮、毛髪のうるおいを保つ。
7. 毛髪をしなやかにする。
8. クシどおりをよくする。
9. 毛髪のツヤを保つ。
10. 毛髪にツヤを与える。
11. フケ、カユミがとれる。
12. フケ、カユミを抑える。
13. 毛髪の水分、油分を補い保つ。
14. 裂毛、切毛、枝毛を防ぐ。
15. 髪型を整え、保持する。
16. 毛髪の帯電を防止する。
17. (汚れを落とすことにより)皮膚を清浄にする。
18. (清浄により)にきび、あせもを防ぐ ( 洗顔料 ) 。
19. 肌を整える。
20. 肌のキメを整える。
21. 皮膚を健やかに保つ。
22. 肌荒れを防ぐ。
23. 肌をひきしめる。
24. 皮膚にうるおいを与える。
25. 皮膚の水分、油分を補い保つ。
26. 皮膚の柔軟性を保つ。
27. 皮膚を保護する。
28. 皮膚の乾燥を防ぐ。
29. 肌を柔らげる。
30. 肌にはりを与える
31. 肌にツヤを与える。
32. 肌を滑らかにする。
33. ひげを剃りやすくする。
34. ひげ剃り後の肌を整える。
35. あせもを防ぐ(打粉)。
36. 日やけを防ぐ。
37. 日やけによるシミ、ソバカスを防ぐ
38. 芳香を与える。
39. 爪を保護する。
40. 爪を健やかに保つ。
41. 爪にうるおいを与える
42. 口唇の荒れを防ぐ。
43. 口唇のキメを整える。
44. 口唇にうるおいを与える。
45. 口唇を健やかにする。
46. 口唇を保護する。口唇の乾燥を防ぐ。
47. 口唇の乾燥によるカサツキを防ぐ
48. 口唇を滑らかにする。
49. ムシ歯を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき。
50. 歯を白くする(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)
50. 歯を白くする(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)
51. 歯垢を除去する(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)
52. 口中を浄化する(歯みがき類)
53. 口臭を防ぐ(歯みがき類)
54. 歯のやにを取る(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)
55. 歯石の沈着を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)
56. 乾燥による小ジワを目立たなくする

 

(注 1)例えば、「補い保つ」は「補う」あるいは「保つ」との効能でも可とする。
(注 2)「皮膚」と「肌」の使い分けは可とする。
(注 3)( )内は、効能には含めないが、使用形態から考慮して、限定するものである。

 

この表の表現は、「これをそのまま言いなさい」というものではなく、この表現を越えなければ自由に表現しても良いよ、というものなので、薬機法(旧:薬事法)を守りながらいかに魅力的にPRするかのライティングのテクニックが重要になります。

 

化粧品は、範囲を超えない範囲で表現OK

薬事法化粧品

 

一般化粧品と医薬部外品(薬用)の化粧品の違いは、商品によって異なります。
例えば、薬用化粧水は医薬部外品の種類に分類されているので、かならず医薬部外品の許可をとらないとなりません。

 

ライターさんはアフィリエイトしたいPR広告を見て、商品に「医薬部外品もしくは薬用」の文字がないかチェックしましょう。
なければそれは化粧品です。

 

はるかはるか

「医薬部外品もしくは薬用」と書かれていたら、当サイトの医薬部外品のカテゴリーをみてくださいね。

化粧品との基本的な考えとしては、上の表と同等の効果を謳うのがOKということを覚えておいてください。

 

たとえば、肌のシワに影響のある言葉はOKが出ていませんが、「肌にはりを与える」という表現はできるので「肌に弾力を持たせる」という言葉もOKになります。
「肌に弾力があるということは、シワも伸びるかも…」とユーザーに想像させることができるのです。




化粧品についての基本的にNG事項

化粧品についての基本的NGは、【ライター・アフィリエイター必見!薬機法(旧:薬機法(旧:薬事法))とは?】に記載した通り以下のものです。

 

1.体験談
2.保証証言
3.医者の推薦
4.最大級
5.医者の判断が必要な病気
6.二次表現
7.他を落とす表現

 

化粧品に特化した例で、化粧品に関するライティングのNGを簡単にまとめていきます。

NG.体験談【薬事法化粧品】

窓香窓香

化粧品の体験談は、少しややこしいのですが、詳細を覚えてしまえば恐れることはありません。

体験談

 
体験談は、ほかの薬事法と同じように『使用感の説明』は許されています。

 

スポンサードリンク
●良い表現↓

「さらっとした肌触り」
「伸びるテクスチャー」
「美容液がどんどんと染み込む感じがしました」
「白浮きしません」
「友達に、なんだか明るくなったねと言われました」もOKです。

●悪い表現↓
「次の日もしっとりしたままでした」・・・その時の体験談でないとだめです。次の日を意味する「寝て起きても」などは、その時の体験談ではないのでNG
「肌のきめが整いました」・・・体験談にあたります。
「色が白くなりました」・・・体験談な上に、「美白」は化粧品の効能の域をこえています。

 

臨床データ

 

データを用いて説明してしまうとユーザーに安全性や効果に対する誤解を与えてしまうことがあるので、その臨床データが本物でもPRに使用してはいけません。
画像を用いずに、【使用した84%のお客様が満足しています】などとユーザー満足度を記載するのもNGです。

 

ビフォーアフター

 

ビフォーアフターの画像は、画像がないものよりもあったほうが信ぴょう性が高くなりますよね。
なので、ユーザーも信じてしまうというところに問題があります。
ビフォーアフターの写真は、効果・安全性の保証につながるのでNGです。

ただし【(悪い肌の画像)こんな肌を目指そう!→(良い肌)】のような比較画像はOKです。

 

さやかさやか

ここで、「私もこの商品を使ってこうなりました!」と書いてしまうとNGだということはもう分かりますね。

NG.公的資格の推薦【薬事法化粧品】

 

化粧品も、ほかの薬事法と同じように公的資格者の推薦・選用などをアピールするのは禁止です。
「お医者さんも勧める」「育毛の専門医が開発」などの言葉はたとえ事実でもうたってはいけません。
ただし、公的資格のないものはOKです。

 

当サイトも、薬事法管理者が教える(公的資格ではない)ですし、化粧品関連だと「エステティシャンが愛用」「ビューティーアドバイザーおすすめ」なども事実の範囲内でOKなのです。

スポンサードリンク



NG.比較

 

化粧水も、ほかの薬事法と同じように比較をすることはNGです。
ただし、自社の商品とは比較をしても大丈夫です。

▼NG例

・「どんなリンスでも潤いを実感できなかった私の髪の毛…○○は違った」→○○という商品以外を落としている表現なのでNG

・「界面活性剤などお肌に負担のかかるものは入っていません」→界面活性剤がはいっている商品を落としているのでNG

▼OK例

・「当社従来品ホワイトニング+が進化したホワイトニング++!○○がパワーアップ!」⇒自分の会社の商品と比較しているのでOK!

化粧品でよく間違える薬事法の注意点

 

今回ご紹介したことは、例えばチェック項目やカウンセリング項目として使用するのもダメです。
例えば、YES・NO形式で進めさせていくものやチェックをして当てはまれば乾燥肌→乾燥肌の人にはこちらの商品がおすすめ、といった文でも使用してはいけないということです。

 

例えばなにかの商品を買わせたいがために以下のようなチェック項目を作ったとします。
この中には薬事法で使ってはいけない文章があります。
どこの文章がダメなのか考えてみてくださいね。

 

1. 今まで使用したシャンプー・リンスでは潤いを実感できなかった
2. メイクして時間が経つと、口元の溝が気になる
3. 背中のあせもを改善したい
4. シミをどうにかしたい

 

窓香窓香

答え合わせです

  1. 他社の製品を落としている
  2. しわの表現は認められていないために、シワがなおるのかも?と思わせるのはNG
  3. あせもは「予防」という言葉が認められている
  4. シミ※日焼けによるという注記が必要

 

薬事法の化粧品について終わりに

はるかはるか

化粧品は、サプリメント寄りも言える効能は多いけど、医薬部外品よりも表現の幅が狭いというのが特徴です!

窓香窓香

アフィリエイトしたい商品が化粧品なら、とりあえず表1から使える言葉を探し出して、どんな言葉なら薬事法に引っかからないのか考えてみましょう。

さやかさやか

むむむ。難しいぞ~!どんな言葉を使えばいいのか知りたいよ~!

窓香窓香

大丈夫、次の章でちゃんと紹介していくわ!

薬事法管理者ライター

次は、薬事法を守った化粧品のライティング術だよ!こちらから